« バナナボート | トップページ | 久々の段だら坂 »

2014年9月20日 (土)

ぎゃおすと龍と鳴無神社

今日の午前中は仕事どぇした。

浦ノ内のカヌー場周辺では、アオサギ(ぎゃおす)やトビが
いっつも飛び回っております。

 

カヌー場の桟橋に下りてきたアオサギ(ぎゃおす)

Dscn0928

Dscn0928cu

Dscn0931_2

 

     
  

写真撮影のために、ちょっと場所を移動しまして…

鳴無神社に来ました。(浦ノ内鳴無)

Glx1015_3

 ↑の写真は一の鳥居で、参道は海に向かって伸びています。

海から船で漕ぎつけて、参道に上がり一の鳥居をくぐって境内へ、
ということだと思います。

もちろん、車で陸から堤防沿いの道を来ることもできます。
私もその経路で来ました。

Glx1016
二の鳥居の奥に遥拝殿。落ち着いた趣きがあってすごくいいです。

 

参道に立って海側から一の鳥居越しに↓

Dscn1013_2


記事タイトルの 「龍」 は? と言いますとですねー…

 

しばし鳴無神社前で待っていると、来ました来ました。
ドラゴンカヌー(龍舟)でございます。↓

Dscn1014

今日は高知工科大から19名のみなさんが「ドラゴンカヌー体験」に
来られて、湾内クルージングを楽しまれたということです。

 

鳴無神社のご祭神は一言主命ですが、私はこの神様が好きでございます。

Dscn1017

       
   

20代後半ぐらいの頃、けっこうあちこちの神社を訪れていた時期があって、
奈良県御所市の 『葛城一言主神社』 にも行ったことがあります。

ちょうど乳イチョウが色づいてめちゃくちゃ綺麗だったなあ。

あの頃の写真はいずこに…
デジカメなどと言うものはまだ持っておらず、一眼レフぶら下げて
撮っておりましたが。

 

       
もうずいぶんと開けていない引き出しなぞをガシャガシャと探って、
古いポケットアルバムを手当たりしだい開いてみた。

 

偶然にも、それらしきイチョウの前で撮った写真が…

これそうかなあ、、、と思ってウィキペディアに掲載されている
画像を見比べてみたら、ドンピシャだったようどぇす。

 

スキャナは現在PCとつなげてないので、写真をPCに
立てかけてスマホ撮り。↓

Glx1830hitokoto

葛城一言主神社(撮影年月日不明)
まだHPとかブログとかぜんぜんやってない頃)

Glx1831hitokoto

 

今まで訪れた場所の中で、ガッツーンと強烈なインパクトを感じた
場所がいくつかあったけど、それは山とか滝とか、神社でも強烈な
所がありますた。

その中でもいっちばん強烈だったのは、この葛城一言主神社から少し
離れた場所にある、ある神社でした。

何かわからんけどとにかく 「すっごいここ・・・すっごい・・・」ばっかり
つぶやいておりますた。

もう神社行き過ぎてしかも一昔以上前で、記憶の断片のどれが
どの神社やったかごっちゃになってますが、たぶん
高天彦神社やったと思う。

   
ちょっと話がそれた。

|

« バナナボート | トップページ | 久々の段だら坂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バナナボート | トップページ | 久々の段だら坂 »