« 横倉山に来てます。 | トップページ | 昨日の今日ですが山ダッシュ! »

2009年9月20日 (日)

横倉山をぐるっと回りつつ、植物観察やら地質の見学をしました

 
横倉山の案内人養成講座シリーズで、
今日は横倉山の植物と、地質を教えていただきながら、
ぐるっと一回りしましたー。

初めていく場所もあったし、いろいろ勉強できて、楽しかったです。

植物の写真をたくさん撮ってきましたが、
貴重なものもいっぱいあるので、自分の “勉強ストック” として、
個人的に保存しておきまーす。

で、ここでは横倉山の有名どころとして、
まず、『ヨコグラノキ』 ↓

1133ykgrnk
この個体は、そろそろ寿命がきているようですね。
横倉山には、他にもあちこちに何本か自生しています。

横倉山は、第3駐車場から登り始めてすぐに、アカガシの原生林で、
いたるところにアカガシの大木があるのですが、

これは、そのアカガシの木の股の上に、オンツツジが芽吹いて
成長している様子です。

1246akksonttj

オンツツジの根っこがどうなっているのかというと、、

1246akksonttj02

アカガシのうろからびゅーっと伸びて、地面まで抜けています。

 
そして今日、案内していただいて、初めて行った、『石切場跡』

1319iskrb

昔はここから下へ、木馬(きんま)を使ったりして石を下の谷へ
下していたそうです。

『土佐桜』 という、石灰岩石↓

1326tsskr

 
今日辿ったルートは、

第3駐車場→杉原神社→安徳天皇陵墓参考地→畝傍山眺望所→
横倉宮(馬鹿試し)→三角点(ここでお昼休憩)→石切場跡→かむと嶽→
屏風岩→夫婦杉→第3駐車場

です。

横倉山は、約1,000年前には修験の山としてすでに開山されていた
そうですが、かむと嶽などのある南尾根から、今の横倉宮のあるピーク
までの山道を、修験者は歩かずに駆け登っていたという話を聞き、思わず、

 「昔もおんなじことをやってたんやなー、、」

とつぶやいてしまいました。(^_^;)

私に前世というものがもしあったとするなら、
もしかしたら、やっぱりこの山を駆けていたのかも?

 なんて、ま、ツワモノどもの夢の後的な、どうでもいい話です。
 

かむと嶽↓では、越知町や遠く高知市などを眺めながら説明を聞きましたが、

1436kmtdk

なんとその時、サシバが1羽、頭上に現れました。

はっきり見えるぐらいの私たちのすぐ上を、ゆっくり舞って
見えなくなりましたが、かむと嶽から来た道を引き返し、
いづな権現さんの分岐の辺りを下りかけるとまた頭上に現れ、

  ピックィー!

という、あの独特の鳴き声も聞かせてくれました。めちゃ、嬉しかった。

来週は、その、サシバの渡りの観察会に参加します。楽しみだなー。
 

|

« 横倉山に来てます。 | トップページ | 昨日の今日ですが山ダッシュ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横倉山に来てます。 | トップページ | 昨日の今日ですが山ダッシュ! »