« 大好きな三滝城の大いちょう | トップページ | どへぇ! デッドがっつり。 »

2008年11月29日 (土)

三滝城の大いちょうはなぜかゆっくり。

 
街中のいちょうの木がまっ黄っ黄に色づいて、パラパラと落ち始めると、

  「わ、やっぱり一応見に行ってみた方がいいかな・・・。」

て、ちょっと焦ってしまうけど、
やっぱり三滝城の大いちょうは、色付きがゆっくりです。
いつも12月初旬が見頃で、今年も、今日現在はまだ少し青味が残っていました。

でも、足元はすでに黄色の絨毯。これが綺麗なのだ。

R0015299

今日は時間がたっぷりあったので、ゆっくりしました。
やっぱ、大好きです。ここ。

紀親安公(三滝城のお殿様)の句碑の側で、長い時間佇んだりしました。

Ca3a0320
 「篠山の 花は咲けとも散りくちて
        草の都の 花さかり見む」

 親安公の辞世の句です。 好きです。

 
動画も録ってきました。
ま、あ~ぴょんが、ただ駆け下りて登ってくるだけですが。

あとで久々に、スライドショーも作ろうかな。
 

|

« 大好きな三滝城の大いちょう | トップページ | どへぇ! デッドがっつり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大好きな三滝城の大いちょう | トップページ | どへぇ! デッドがっつり。 »