« 腰と背中が ”シンシン” します、、。 | トップページ | 久しぶりに程野の滝 »

2008年4月 4日 (金)

土佐藩の砲台跡を見学しました。

須崎市の富士ヶ浜の近くには、幕末の砲台跡があって、
子どもの頃は 「台場」 と呼んでよく遊びに行ってました。

最近、そこから江戸時代の大変貴重な石垣が新たに発見され、
そのミニ見学会が開かれるということで、さっそく行ってみました。

R0013875
これが今回発見された石垣。

R0013879
資料をいただき、地元の郷土史研究家、
香崎和平さんの説明を聞きました。

 

R0013890
公園内に回って、従来からあった石垣の前でも説明を聞きました。
この石垣は、幕末に作られて以来、地震や台風などで崩れたという話も
記録もないそうです。

  「横になごうに(長く)、次は縦になごうに、」

という風に積んでいく、『算木積(さんきづみ)』 という積み方だそうです。

ちなみにこの須崎の浜にも、幕末に異国船が来航し、
一時は一戦交えることになりそうなところまで行ったそうですが、
交渉がうまく行って、避けられたそうです。
も一つおまけに、坂本龍馬も当時、この砲台場に2度、来たのだそうです。

R0013891_2 

桜が満開の、須崎市中町1丁目にある、お台場公園での
ミニ見学会は、今日の午後1時半からもあるそうで、
明日、明後日も、午前10時からと、午後1時30分からの一日2回、
行われるそうです。

  

|

« 腰と背中が ”シンシン” します、、。 | トップページ | 久しぶりに程野の滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腰と背中が ”シンシン” します、、。 | トップページ | 久しぶりに程野の滝 »