« 何べんやっても同じなので、、、 | トップページ | なんか、今朝はピポピポエコーが、、、 »

2007年12月24日 (月)

耳なし地蔵さんへちょっくらお出かけしてました

午後、遅めにお出かけしてました。
越知町の、耳なし地蔵さんとこへ・・・。

横倉山の織田公園前の、新しい耳なし地蔵さんの前は
ここんところ素通りしてばっかりだったし、
こじゃんと古い方の石仏の方も、久々にまた訪れて、なんちゅうか、、、
耳だけじゃなく別なことも、も一度願掛けをば。。。

  

横倉山の織田公園の前にある、新しい方の城了さん像。
R0012549
4弦を弾いとります。(琵琶ですけんど、、)

   

『耳なし芳一』 のお話そっくりな昔話が、この横倉にも語り継がれているのです。
この城了さんは、夜な夜な、平家の亡霊に引かれて、横倉山の山の奥にある、
安徳稜まで登って行って、琵琶を弾きながら平家物語を歌い語っていたというのです。

あ~ぴょん、横倉山は大好きやけど、さすがにこの山で夜明かしはできんと思う。

     

こちらは、国道33号線沿い近くにある、
古い方の耳なし地蔵さんのある場所。
R0012550
竹に囲まれていますが、周囲は実は、採石がてんこ盛りに
なった河原沿いの工事現場みたいなところです。
この一角だけ取り壊さず残してある感じ?

古い方の、というか、こっちが本来の、城了さんの耳なし地蔵。
江戸時代ぐらいからあると言われているのですが、、。
R0012551

それがほんとだとすると、小泉八雲さんが耳なし芳一のお話を書くより
前に、横倉にはこの話があったということになりますが。

話にイロケを残さずそっけなく切って捨てる友人は、
「そんなに古そうには見えん。」
とか言いまして、、、
以前、友人をここに
案内したけどなんだかつまらん思いをした
あ~ぴょんでした。

でも、結願した人が置いていったという、紐(針金?)を通した穴あき石が
たくさんぶら下がっているのを見て、 んじゃあ、一応お願いしとこう、、
とか言って、手を合わせてましたっけ・・・。(^.^;

|

« 何べんやっても同じなので、、、 | トップページ | なんか、今朝はピポピポエコーが、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何べんやっても同じなので、、、 | トップページ | なんか、今朝はピポピポエコーが、、、 »