« 小雨が降り出した | トップページ | 好きなことを人と話せる日は上機嫌 »

2007年5月 5日 (土)

”路駐”して爆睡する高知のおんちゃん

今朝、近所の喫茶店の前の車道に1台の軽四が止まってて、
何か、明らかに通行の邪魔になっていたんだけど、チラッと見たかぎりでは
人が乗ってるようで、停車してるだけなのかなー?
って思って喫茶店に入って、30分後に出てくると、まだいる。
その車道はセンターラインはないけど普通なら減速せずに
すれ違いできる幅だけど、その車が路上にいるせいで
側の信号が赤のとき、他の車が停車するとその間を通り抜けるのが難しくなってる。

最初見たときは人が乗ってると思ったんだけど、今後ろから見ると、いない?
もしかして、喫茶店に入ってるのかなー?なんで駐車スペースに入れないのかなー、
と思いつつ、信号待ちの車が掃けたので横を通り過ぎると、ええっ!!

やっぱり人が乗ってて、助手席側に体がすこし倒れこんでるような体勢になってる?
もしかして、気を失ってるとか? 寝てるだけならまだいいけど、
し、死んでたらどうしよう、、、、、とか思いながら、放っておくわけにもいかず、
引き返して歩いて行って、窓から覗き込んだ。

 「モシモシ、、、」

反応なし。窓が全開だったので、肩をつついてみた。

 「モシモシ、、、」

 「ん、、ん?」

 「大丈夫ですか? 具合悪いがやないですね?」

 「ん?うん。。。」

助手席にはサバ寿司かなんかが入ってたと思われる長細いパックのカラとか、
なんかごちゃごちゃしたもんが置かれてある。
なぜかとっさに、あんまり凝視しないでおこうと思ってしまったあ~ぴょんは、
おんちゃんのふにゃっとした腕と、着ていたポロシャツの質感が指先に
まだ残っているのを感じながら、まあ倒れてるんじゃなかったことに
安堵して、それ以上声掛けもせず帰ってきてしまいました。
なんか、そのまままた寝ちゃいそうな雰囲気はあったのですが…。

まだ朝8時前で、それほど交通量も多くない時間の出来事だったのだけど、
そのあと、友人のぬかりちゃんちに出掛けた帰り、午後1時前にちらっとその道を
見たかぎりでは、もうその車はいなくなっていました。

おんちゃん、まあ居眠り運転で事故るよりはマシやけど、路駐で爆睡は、、、、、。
気をつけてやーーー。

  • ”おんちゃん”について
    大阪辺りでは ”おっちゃん” と言われる様相の男性
    (年齢的にはけっこう幅広いと思われる。)のことを、
    高知では”おんちゃん” と言います。
    今日のこのおんちゃんの場合は、60~70ぐらいに見えました。

|

« 小雨が降り出した | トップページ | 好きなことを人と話せる日は上機嫌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小雨が降り出した | トップページ | 好きなことを人と話せる日は上機嫌 »