« 爆睡してまった、、、 | トップページ | ”路駐”して爆睡する高知のおんちゃん »

2007年5月 4日 (金)

小雨が降り出した

虫除け対策が必要と言いながら、忘れて行ってしまいました。
まあなんとか刺されずにすみましたが。

今日は行き慣れた野老山ユスの登山口からまず、
治部卿の局様の祠まで登り、そこから横道を少し辿ってみました。
が、伐採された杉の木やら枝葉で思いっきり通せんぼされてて、
なかなかに歩きにくかったです。途中、植林帯の急勾配の中を直登するように
赤テープが上へ上へ続いているのを確認しましたが、
道らしき道はなくって、ほんとに急斜面をずりこけないように
適当に登っていくしかないって感じなのです。

んでも、横道はそのまま横へ横へ延びているようだったので、とりあえず
そっちを歩いてみました。谷で一度道が寸断されてましたが、渓流を渡れば
その先も横へ横へ続いている感じでした。
1151isigki その渓流の向こう側には石垣の段々がありました。
横道は石垣の下を横へ横へ、まだ続くのか?って感じ。

でも、今日はここで引き返して、試しに赤テープの急勾配もちょっと
登ってみたりしました。
1200kyuko 伐採木が行く手を塞いでるし足場は悪いし、
とても登ってられまへん。道なんてねー。
作業用のテープなのかにゃー?

途中で降りてきてまた治部卿の局様の祠まで戻って、
そこから野老山峠まで、黙々と登りました。

心拍数を計って、常に130ぐらいで登るように心がけ、
道が緩くなって楽になりそうになればピッチをジョグ気味まで上げて、
必ず軽い負荷がかかった状態にして、黙々と…。

 「ここから20分はぜったい止まらないことにしよう。」

とか決めてどんどん登って、ホウチャクソウらしきツボミを見つけても
止まらず登って、20分経ったらもう峠が見えてきたから、じゃあもう峠まで
ノンストップで行くしかないね、、ってことで、
天気のせいでだいぶ薄暗い山道を、今日なりに味わって帰ってきましたー。
峠ではポツポツ、雨が落ちてきたのでそのまま折り返して下ったのです。

帰宅してからぬかりちゃんからメールが入り、なんとぬかりちゃんは、
青池保子先生のマンガいっぱい持っちゅうということやんか!
さすが! 貸してもらおっと。 わーい。(o^-^o)

|

« 爆睡してまった、、、 | トップページ | ”路駐”して爆睡する高知のおんちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爆睡してまった、、、 | トップページ | ”路駐”して爆睡する高知のおんちゃん »