« 不入山のヒカゲツツジ | トップページ | 山行きした日の食欲はヘンなので、、 »

2007年5月 3日 (木)

山行きして、日没前に帰宅できたなんて!

不入山へ登って下山して、林道途中にある、『森の巨人たち100選』 の、
モミの木も見に行って、、午後2時過ぎに自宅に帰り着きました。
こんなに近かったっけ?

自宅から不入山の登山口(林道のゲート前)まで、1時間30分ぐらいだと
思っていたのに、なんか朝早かったせい?それと、けっこう舗装部分が延びていて、
走りやすかったせいもあるのか、1時間そこそこで着いちゃいまして、
8時過ぎから、林道(一般車両は侵入できない)へ入って歩き始めました。

すぐにオオルリの声が聞こえ始めて、よく見ると、すぐ側の木の梢に
いるじゃあありませんか。
あ~ぴょんのGX8は中望遠なのでちょっと寄りきれないのが残念ですが、
確かにオオルリだー。
0808ooruri

さえずりの最後に「ぎぃー、、」 って付くのがなんとも、、、
あ~ぴょんには、”ご愛嬌” に聞こえる。
ちょっとmovaのボイスレコーダーで録ってみました。
あ~ぴょんのmovaのボイスレコーダの場合、
鳥の声のある音域(けっこう高い部分)は拾い難いみたいで、
ミソくん(ミソサザイ)の声なんか、どんなに近くて大きな声で鳴いていても、
ブチブチ切れてしまうのです。このオオルリもところどころ
途切れ途切れになってますが、ま、雰囲気だけでも…。
あと、あ~ぴょんの囁きも入ってしまってて、ちょと気持ち悪いかもしれませんが、
ごめんぐださい。f(^^;) ポリポリ
「070503irazooruri.mp3」をダウンロード

登りはいつも槙尾根コースを辿り、下りにゴロ岩の幽谷コースを下りてくるのが
あ~ぴょんのお気に入りなので、今回ももちろんそうすることに…。
尾根コースにはツクシシャクナゲが多いのだけど、今年は裏年のようです。
ツボミは確認できませなんだ。アケボノツツジもポツラポツラ、、、
途中、コウヤマキの自生する岩場から見る向かいの山肌に、ちょっとピンクが
見えるのだけど、やっぱ少ないすね。
0956kouyamaki コウヤマキの若い木が自生する岩場。
側にりっぱなのも立ってます。親木かなあ?

登山道はよく刈り上げされていて、以前は、知らないと見落とすことも
あったと思われる、幽谷コースとの分岐も明瞭になっていました。

山頂手前で西側に派生する小尾根に取り付くと、大好きなヒカゲツツジが
もうけっこう咲いていました。
1020hikage ヒカゲツツジ。優しい色合いで大好き。
そしてこの辺りのアケボノツツジはけっこう花をつけてましたよ。
1025akebn

山頂ス。1045top 

そして山頂から見た鳥形山ス。1047toptorigt 近いね~。
不入山には現在、四万十川源流からのルートもけっこう刈り上げ
されているのか、以前に比べて利用する人も増えたみたいです。
あ~ぴょんは未確認。いずれ登らねばね。

分岐から幽谷コースを下る途中、これまた大好きな
ミヤマカタバミorコミヤマカタバミ。(どっちすか?)
1143mymkata 葉っぱがガサガサしてて開いてると、
ミヤマカタバミってイメージがあるのだけど、花を見てもコミヤマなのか
ミヤマなのか、さっぱりわかりません。
あ~ぴょん、ここで、今年初めて虫に刺されてしまいました。
半そでの袖口で何かがごもごも動いてる気がしてましたが、
写真撮るのに夢中で…。あとで袖をめくると流血してました。
たぶん、ブトとかブユとか、そんなのです。ちょっと搾り出しましたが、
すんげー腫れてます。トホホ、、。(痛くはないです。)

シコクスミレもいっぱい咲いてたよー。また今度の機会にアップします。

帰りにモミの巨木を見に寄ったら、そこのシャクナゲは十数輪、
花をつけてましたよ。まだつぼみが多かったので、
これから不入山へ行く予定の人は、絶対寄ってみてください。
1248momikyo 『森の巨人100選』のモミ。
と、側のシャクナゲ。1249momisyak

林道は、ちょっとジョグ気味で帰りました。緩く下ってるので、
膝に負担がかかんないように走るのが難しくてあんまり飛ばせなかったス。
だから、ぜんぜん心拍数上がんなかった。
林道の入り口まで戻ると、来たときはなかったこんな張り紙が。
1316gzn
そういえば、同じような張り紙をした車が1台、進入してました。

|

« 不入山のヒカゲツツジ | トップページ | 山行きした日の食欲はヘンなので、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不入山のヒカゲツツジ | トップページ | 山行きした日の食欲はヘンなので、、 »