« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

やっとこさ、なんとかできたけど、、、

バッタリ。。○┼<

詳しいことは今のところ書けないのですが、ちょっとした山ガイド的な
データ録りをさせてもらってて、

今回、石鎚登山したときの写真を150枚から50枚に絞るという作業を
3日がかりで何とかやりました。かなり大変やった。
同じ写真を何枚も写した中からってわけではなく、ちゃんと主要なポイントで
写した写真なので、どのポイントを捨てるか、、悩みました~。

「ここは見てくれ」 みたいな欲がどうしてもあって、ダメですねー、、、。
客観的に見ると、たぶんそこはいらないんだろうなあ、、っていうところを
潔く捨てなきゃなんないという、そーいう作業でした。
自分のHPにアップする山レポなら、
お構いなく好きなようにやりたい放題やっちゃうのですが…。(^_^;)

一つのルートをピストンするだけならそんなに多くならなかっただろうけど、
成就と土小屋両方だもんな~。
でも、とっても勉強になりました。それに楽しかったす。山行自体は。
そして、がむばれば体力はついてくるってこともわかったし。
体力的な部分でできるかなー、、てのが一番不安だったけど、
今回でかなり自信がついたので、あの山も、あの山も、今から本番に備えて
また日ごろの自主トレをがむばろうと思います。

さー、ひと区切りついたから、「D.M.C」を読むぞーーーって、、、
もう自主トレする時間やん!
それがすんだら、べんとー作りの時間やん!
三味線も昨日は触ってなかったー、(;_; )

| | コメント (0)

2007年5月29日 (火)

雨が降ってる高知の晩にーー、、、

昼間の仕事も終ったしー、今日はぜったいぜったいぜったいぜーーーったい!
お山の記録を仕上げて送る~~~。
まだ50枚ぐらい外す写真を選ばなくちゃいけないけど。。
なんでそんなにたくさんになっちゃんたんだろうなあ。。
撮りまくったもんなあ。撮っちゃ、地点登録して、メモ書いて、、
下山中はそのたんびに人に追い抜かれて、だけど歩き出したら
追いついてしまって、先へ行かせてもらって、、、。
そんなことを土小屋まで何回も繰り返してしまったので、
あのときいた人々にはいい迷惑だったかも。ごみんなさい。
だからやっぱり山には、人の少ない日の早朝から行かねばなんねいのです。

仕上げるぞーー、今夜中に。
晩ご飯の後、寝なきゃなんとかできそうだ。
だけど何かの合い間についつい、読んじゃうんだよなぁ、、
「デトロイト・メタル・シティ」

お山の仕事(てほどでもないけど)が仕上がるまで、封印!
(とか言いつつ、開いて伏せてあったりして…。)

かんけーないけど今日、職場でいただいた、どっかのお土産。

070529singenmchi どっかつうか、「桔梗信玄餅」って書いてある。
きな粉がたっぷり入った容器の中には餅が入ってて、
上に乗ってる黒蜜をかけて食べるんです。
黒蜜が入っている容器がソース入れぽくて、ちゅうかそのもので、
面白いっす。きな粉餅、好きだからおいしかったス。

| | コメント (2)

山(行きの写真)浸け

ぐあ~~~、、終らねーーー、、、>┼○ バタッ

一つの山行コースで写真は50枚までにしといてってことなので、
まだまだ外さないといけない。。
昨夜は、前半部分の写真をもっと減らすことでつぶれてしまいました。
で、やっぱり天狗岳までしかできていない。。ちゅうか、もうちょっと減らさないと、
まだ多いなーーー。

まあ、晩方からずっとやってたわけではなくて、実は晩ご飯食べたあと、
「デトロイト・メタル・シティ」の1巻を読んでたんスけど。。。

3巻が出た日に先に買ってしまって、ちらっと読んだら何となく、
1巻から読まないと面白みが半減しそうな気がして、
やっと昨日読み始めたら、1巻おんもしろーーーーー!!

ひゃーぁははははは!!、、、、

て、久々に気持ちのいい笑い声の出る漫画を読んだ気がするー。

今日も昼間のお仕事終ったら、晩はまた山行写真やらルートトラックやらと
睨めっこしながら浸かるだろうから、
それがすんだらまたゆっくりD.M.C読んで笑お。

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

今夜も石鎚の写真の整理

今夜も結局、石鎚山の写真の説明書きで朝になっちゃいました。
つってもまだ終ってません。。。

前半(成就社~天狗岳)の写真で、外したものをここでちょっと紹介。

夜明かし峠あたりのちょと手前から。
二の鎖小屋、三の鎖小屋がよく見えますねぃ。
Rimg0128 

これは、、、三の鎖を登りきる直前に、ちょっと止まって下を写したものです。。
はるか下方に、神奈川からの女性登山客さんがちっちゃく写っています。
Rimg0151
あ~ぴょんはもうちょっとで全身の筋肉の叫びから開放されるところですが、
下のほうの方々はこれからって感じです。がむばれ~、、。

さて、これは撮影日が違います(つうか昨日です)が、
石鎚登山ロープウェイです。下谷駅で撮りました。
Rimg0506

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

”食べ寝”しちゃイカン

昨夜、あんな時間(夜11時過ぎ)なのに、晩ご飯食べてしまい、
しばらくまどろんでたら、そのまま寝ちゃってました。。。(_ _;)…

いかんって!
5月はじめに受けた、一般検診(健康診断)の結果で、
今までぜんぜん心配するような数値じゃなかった「総コレステロール」値が
基準値を少し上回ってて注意を受けたばっかだし。

今回は、肝機能関係はまったく余裕の数値内で、クレアチニン(腎機能)も
大丈夫やったすけど、まさか総コレステが高くなるとは…。
これから卵かけご飯は週一ぐらいにせねば。。(^_^;)
好きなんスよね~、、、卵の黄身が。でもいちおう、弁当に玉子焼き入れたときは、
「今日は2個使ったから晩は卵はなしね。」
ぐらいは気を使ってたんだけどな~。ま、卵だけが原因じゃないだろけど。

ちなみに、中性脂肪の数値は空腹時の正常値の上限の半分以下なのです。
去年よりも下がっているし。
わたしの体はどういう具合になっているんでしょー。

ま、食べ物に気をつけることっすかね?
自主トレはこれからもずっと続けていくしー、
来年はもっと体重も落ちてますから。>保健婦さん。

で、今朝、目が覚めて慌てて、黒酢を飲んでから荷物背負って
踏み台駆け足昇降50分。(^.^;
ま、これ日課スから。
て言っても、山に登った翌朝は、足首の養生のためにやらないように
してますけど。
何度も書きますが、山に登って帰って来た直後は、1kg前後、体重落ちてます。
でもそれが2kgとかまでいくとちょっと落ち過ぎの気がします。
(あくまでもわたしの場合。)
きつめの山行きで、水分補給が足りなかったりするとそんなこともあります。

あとでちゃんと水分養分を補って、休息すると、いったん体重が戻ってきて、
また自主トレを再開(て言っても1、2日ぐらいしかあけてない)すると、
また徐々にいつものペースでじわじわ体重が落ちていきます。
じわじわだから、毎日会っている人にはわかりづらいみたいスけど、
久しぶりの人には、痩せたねと驚かれるので、まあ順調なのでしょう。

さて、今日は山行はしないのですが、ちょと写真を撮って来なくちゃいけない
ところがありまして、お出かけです。
今日はちゃんと、山ガイド書きを仕上げたい。。。

| | コメント (0)

2007年5月26日 (土)

お山の写真百数十枚、、ε= (++ )

5月22日に登った石鎚山の写真に、キャプチャや説明文をつける作業を
夕方からずっとやってる。
終らない。。。

ロープウェイ山頂駅から始まって、今やっと石鎚尾根まで来たところまで書けた。
ここからまだ天狗岳から折り返し、土小屋へ下山するまでの写真数十枚に
説明文を書かなければならない。。
100枚ぐらいまで絞り込まないと、写真、多過ぎだしー。
でも、絞るのもけっこう大変だ。
一つのコースに50枚ぐらいってことだけど、表参道、裏参道と、2つのコースを
歩いたから計100枚でいいのかな。
ああ~、疲れたー。ちょっと一休みっす。

また晩ご飯、食べ損ねたなー。。
今から食べると、、、すぐに寝るのはダメだなー。。
でも食べないのもダメかなー。

ああ~、、、ちょっと考えるの止めよう。
CSIニューヨークⅡが始まったから、WOWWOW見よ。
ゲーリー・シニーズ、好きなんスよね。

| | コメント (0)

5月22日の石鎚山・後半

1055yoaksto
神奈川から来られたという方と、お話をしながら表参道を登り、
尾根に出ると、夜明かし峠の先に二の鎖元への登りと小屋と、
三の鎖元の小屋と三の鎖が、真正面に見えてきました。

土小屋からの登山道からだと横から近付いていくかたちなので、
こんなにババーンて感じには見えません。

なおも神奈川からの方と話をしながらじわじわと登り、11時20分頃、
二の鎖元の鳥居に到着~。
わたしは本日は二も三も鎖をかけますので、少し調子を落ち着かせてから
二の鎖の下へ。神奈川からの方は、巻き道を登るということでした。

二の鎖の下で、ストックをザックに括り付け、いざ、鎖に手をかけようとすると、
65mの鎖の真ん中よりちょっと下あたりで、男の人がこっちを見下ろし、

 「すいませんが、その辺に、靴は落ちてませんか?」

と言う。  へ?靴を落としちゃったの?
なんかさっき、あ、何か上から落ちてきたよー、って別の女性が言ってたけど、
靴かい!
だけど、あ~ぴょんがいる地べた辺りには見当たらない。
もう一段上の岩の上にでも引っかかってるのかなー、、って思うけど、登ってみて
もしなかったら、また下に下りて探してあげなきゃいけないのか?
って思って、そりはちょっと困るから辺りをきょろきょろ見回す。ないよー。
だけどいつまでも脱げた靴探しに付き合ってあげるほどの余裕はないので、
上になけりゃああとはご自分で探してよね、、と思いながら一段上の岩に登ったら、
あった。裏向きで、岩の小さな窪みに引っかかってた。

男性は、身を乗り出して、

 「せっかくここまで登ってきたから、そこまで下りるのはもったいないので
投げてくれませんか?」

と言う。投げてって、そりゃーあんた、もし投げ損なって受け損なったら、
結局あなたかわたしかのどちらかが降りていかなきゃいけなくなるやん。
あ~ぴょんの方が下に近いから、たぶんあ~ぴょんが
下りていくことになるっしょ?

そんなのはカンベンだし、靴の片方ぐらい持って登れるって。

「そこまで持って行ってあげますよ。」

ものの十数秒で手渡し完了。

 「いやあ、せっかく石鎚山に来たんだから、鎖を登らなきゃ意味がないと思って
  登ってみたけど、靴が脱げてしまって…。大変だー、ここは。
  石鎚は初めてですか?」

初めてじゃね~って。「20回ぐらいになります。」と言っておいた。(ほんとです。)
その男性は、マジックテープで締めるタイプのその運動靴を履き、
再び、「いや~大変だ、ここは、、、」とつぶやきながら鎖を登って行かれました。
あ~ぴょんも、久しぶりに二の鎖をかけて、途中の岩の出っ張り部分の
攻略にちょっと「え~と、、、」と考える場面を懐かしみながら登りました。

二の鎖を登ると神奈川の方が巻き道を登って来られたのが見えて、
三の鎖はその方も、「せっかくだからやっぱり登ることにします。」
と言って登られました。
三の鎖は取り付きがほとんど垂直だけど、技術的には難しくないように
思います。が、とにかく筋力を使う。最初のうちはグングン登っていけるけど、
途中からキツクなってくる。それは腕よりむしろ、ふくらはぎとか足の筋肉の方だ。
こういうのはやっぱり基本的には男性の方が強いんだろうな。
そのとき、あ~ぴょんを先頭に、図らずも女性4人が三の鎖に取り付く図が
出来上がっておりました。

がむばって登りきると、ちょうど頂上社でお昼のお祈りが始まっていて、
あ~ぴょんは『祓詞』を後ろで一緒に受けさせてもらいました。

弥山で写真を撮って、天狗岳へ向かいました。今日は足場も乾いているので
気をつけなきゃいけないところを気をつければ、あまり恐い場面もなく到着。
職場でお昼ご飯を食べているだろう友人に、「着いたよー。」と電話。
1219tngk 眼下には登ってきた夜明かし峠やら、
緑の山の上に成就社が見えます。
その成就からの道で、わたしたちの少し後を登ってきていた女の子がいて、
途中から少し離れてしまってましたが、その女の子が天狗岳まで登って来たので
ああ、がんばったねーって、嬉しくなってしまって思わず声をかけてしまいました。

再び弥山に戻って、頂上山荘でコーヒーを入れてもらってくつろいで、
午後1時過ぎに土小屋へ向けて下山開始することに。
神奈川からの方は、どうやら天狗岳へは来ずに下山した様子です。
ザックを担ぎなおしていると、頂上社の神官さんが、「こんにちは。お気をつけて。」
と声をかけてくれました。白い着物と紫の袴姿がまぶしいにゃー、、って、
いつも思います。来るたびに居られますが、いつ下山してるの?

今、石鎚山の登山道は、土止めの横木などを新しいものに替え、打ち直しを
してくれています。特に土小屋からのコースは以前に比べて、
上から崩れてきてる箇所が増えたなあ、、って思います。
長い木道が組まれた場所がぐっと増えたと思います。
1337tznd 作業、ほんとにご苦労様です。

下山もルートを録りながら、時々止まって写真とメモを取りながら、
アケボノツツジとオオカメノキがそこかしこで饗宴しているものだから、
そのたびに足を止めて、写真を撮りたくなって(ヘタなのに)、
そっちで疲れてしまいました。(^_^;)
1418ookame オオカメノキ

次回は完全オフの石鎚登山をば。。
しかも、もっと夜明け前に登ってみたいなー。

| | コメント (0)

2007年5月25日 (金)

フルーツトマトって甘いけど皮が硬いから、、

突然ですが、トマトを食べたあと、何らかの理由で吐いたことある人いるかなー。

あ~ぴょんは、フルーツトマトを食べてから2時間ぐらいして、
車酔いしてしまって、休憩で寄ったS.Aのトイレで吐いたことがあるのですが、

一瞬、ビビリました。吐瀉物が、、、真っ赤だったのです。。。

    ななな、なにーーー? これ、、血?

おののきながらもよく見ると、2時間前に食べたフルーツトマトの皮が消化されずに
そのまま残っていて、それが目にも鮮やかな鮮血色をしているのでした。
あーー、びっくりした、、、。

友人も、経験があるそうです。

「フルーツトマトって、甘くて味が濃くて美味しいけど、皮が硬いきね~。
 わたしも一瞬、血ぃ吐いたかと思うてびっくりした。」

って、言ってました。
ただ、友人(♀)が吐いた原因は、、  
酒の飲み過ぎだったということですが…。

でも、小ぶりだけど甘くて美味しいフルーツトマト、
今日もお昼に食べました。やはり皮、厚かったです。

でも夏になると、ちょっと硬めの大きいトマトもかぶりつきたくなる。
塩をぶっかけてね。

さて、今晩こそはこのあぴろぐに、石鎚山の後編の記事を書きます。
晩ご飯を食べたら…。
でも食後すぐには書けないかもしんない。
『とりぱん2』 も読みたいし…。

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

さすがに爆休ーー、、

昨日はなんでかじんわりと蒸し暑い一日で、「暑いなあ。」ってつぶやきながら
仕事をしましたが、さすがに和式トイレでは、少しひざを曲げにくかったです。
芯が入ったみたいになってて。

太ももの筋肉痛などは、山行の後でもほとんど起こらなくなっているのですが、
それも昨日は少しありました。足首痛もちょっとね…。

で、仕事を終えて帰宅して、晩ご飯食べたあと、このあぴろぐに
石鎚後半レポを書いたり、他にも山行関係のことでやらなきゃいけないことが
いっぱいあったのですが、
何もできずに爆睡してしまいました。<(_ _)>

今日は大丈夫。。と思う。
今朝の足の状態などから思うのは、
十分休んでいる間、痛んだ筋肉は猛烈な勢いで修復作業をしてるんかー、
ってことです。
で、朝の4時からカレーを作りました。(おべんともカレーです。)
ご飯もいっぱい食べなくちゃね。
だけど、すでに体重はほぼ、元に戻っているので、
自主トレも今日からきっちりやらないと。。。

| | コメント (0)

2007年5月23日 (水)

今年4月から3度目の石鎚山

お風呂のあと、ご飯を食べてちょっとひと眠りしました。

5月19日(土)の石鎚山では思いがけず雨に降られてしまったので、
昨日(22日)に、お休みをもらってまた出かけてしまったのだけど、
行程的には、表参道(成就社)から登って裏参道(土小屋)に下山する、、
というルートを録ってくるもの。

だけど今回単独行で、車の回送ができないので、下山口の土小屋に車を止めて、
土小屋から二の鎖元まで登り、そのままいったん成就に下り、
「お努め開始」というわけです。

午前1時ぐらいには出たかったんだけど、目覚ましに気づかず、
家を出たのが2時過ぎ。道中真っ暗闇でございましたが、
夜中、結構。薄暗いうちから登り始めたかった。

だけど、おおたびの滝を過ぎるとだんだん山の形が見え始め、
よさこい峠を過ぎて、正面には岩黒山がはっきりと。
0437iwagr 写真に撮るとまだ暗いですが。午前4時半過ぎ。

土小屋に着いて、遥拝殿で一日の無事を祈願。ふと横を見ると、
薄暗い中に何か、茶色い置物のようなものが、、、。
え? 人?

まだぼんやりとしか見えなかったけど、
頭に白い布をかぶり、茶色っぽい作務衣のようなものを着た人が、
遥拝殿の脇に正座して、静かにお祈りをしているのです。
時間は、朝の5時前。
石鎚山とは、こういうお山なのです。あ~ぴょんは、ますますこのお山を
好きになりそうです。

5時15分に登り始めると、登山口からはちょうど、
瓶ヶ森方向南寄りに、ご来光が見えました。
0514goraiko
緩々と、登り始めてから後ろを振り向き、美しい朝日に
思わず手を合わせてしまいました。
普段はしないのに、なんかとても神妙な気持ちになってしまったのです。
0524unkai 西の方には雲海も。

そして1時間もすると、すっかり青空。
アケボノツツジはだいぶ盛りを過ぎていましたが、
石鎚山に彩りを添えるようにまだまだ咲いておりました。
0613akeisd いい天気じゃ~。

0635isdtskr これは、イシヅチサクラ。ちょっと小ぶりです。

そして矢筈岩や北壁の直下を通過します。
去年の7月に来た時は、暑くてこの辺ですでに足腰がヒーヒー言ってましたが、
今日は朝早いせいもあってか、黙々と、着々と、歩を進めることができています。
二の鎖元までの登りは、今回は言わば前置き。労働になってないよー、ぐらいの
さりげなさで過ぎねばなりません。ここでヘバッていては大変やけ。。
0637yahaz 矢筈岩~北壁0659hokheki 


0643koyourkコヨウラクツツジがいっぱい咲いてました。

そして7時をちょっとまわって二の鎖元に着きました。
ここから、できるだけ早く成就社に下りて、できるだけ早い時間から
登ってしまわないと、日が照り付けてくるとバテるかもしれないからねー。
だけど、初めて見る夜明かし峠からの朝の石鎚山は、きれいやったーーー。
(都合によりここではお見せできないのです。。。)

しかし成就へ向けて下ってみると、なんかー、階段状の木道の連続やん。
こりゃ登り返しできるかなー、、。ちょと不安になってきた。
でも、下ったからには着た道を帰らなきゃなんねい。
1時間半ぐらいでやっと成就社に着いて、さらにロープウェイまで下って
そこから登り返し、というか、本日の本番開始なのです。

そのホンバンの、行程の画像は都合によりここではお見せできないので<m(__)m>、
それ以外の画像をば。
1050tznd この、登られている女性の方は、
神奈川から初めて石鎚登山に来られたそうです。
「行きたい、行きたい~」って、思っていたそうです。
あ~ぴょんがロープウェイ乗り場から登り返し始めたとき、
ちょうど平日の始発が着き、何人か登山客が登り始められたところでした。
この神奈川からの方と、お話をしながら弥山まで登ることとなったのであります。
偶然の出会いなのですが、帰りにふと、
  「この世に偶然などないのだよ、関口君。」
と、つぶやいてしまいました。りゃ、違った?「不思議なものなど」 だっけか。
とにかく、たとえその日一日だけでそれっきりであっても、
今日のこの諸々のために、土曜日は雨が降り、仕切り直しに
日曜でも月曜でもなく、この日を選んだのかと、そんな思いがしたのであります。
そんな今日のこの日もまた、いつの日かの、諸々のためにあるのでしょうか。

んと、、、長くなるのでいったん終えて、続編書きます。
そろそろ、おべんと作り始めなきゃいけない。

| | コメント (0)

2007年5月22日 (火)

帰宅しましたっ

今日は、帰りの車を運転しててもぜんっぜん眠くならなくて、
なんか、すごい元気なんですけど。。

土曜日は実は、帰りの車の中でかなり眠くなっててヤバかったのです。
今日のほうが倍以上、歩いたし登ったし下ったんだけど、
なんでこんなにシャキッとしてるのかなー?

とか書いてる場合じゃないっす。風呂風呂風呂~!

飛び込みたいっす!
ってわけで、石鎚山の報告はまた後でね。。。

                            

                            実はもうすでに真っ裸、、、、、、、、、、

| | コメント (0)

無事、下山

無事、下山
本日の行程、終了!
今、車の中でーす。
ここから見上げる石鎚山は、もう黒いシルエットです。
*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

やっと着いた!

やっと着いた!
成就に下りて、また登って、今やっと天狗岳に着きました。
今日はすんげーがんばった。自分をほめてあげたい。

*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

土曜日より30分だけ早く

土曜日より30分だけ早く
また来させてもらってます。
今日は、、いい天気です。雲海も見えてるよ!
*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

本日は、、、

おにぎり2つ持って、

リ・ベ・ン・ジ、、。

            行ってきます。

| | コメント (0)

2007年5月21日 (月)

記憶と言うものはどうしてこうも、、、

ホームページのトップの画像を3連変わりにしようと思って、
確かパタパタアニメかなんかのソフトを使ったんだったかなー、、、

って探したけど、らしきソフトがない。行方不明。
アニメ作成ソフトは2つ見つかったけど、一度も使ったことがないままの
フリーソフトで、画像を貼り付けられないものだった。
あっれーー、確か去年の暮れに行った、三滝の大イチョウの画像を3連にして
トップに貼ったから、絶対何かで作ったはずなんだけどなー。
もしかして、java scriptで動かしたんだったかなー、、、

ぜんぜん覚えてないす。アニメにしていたら、そのままどっかに残してある
はずだから、やっぱりスクリプト言語で動かしたんだったのかもしれない。
めんどくさいなー、、覚えてないから。
どっかにテキスト書いて、残してないかなー。ないだろうなー、わたしのことだから…。
作るときまた書けばいいや、、ぐらいで片付けてるに違いない。。

予習復習を怠ると、結局困るのは自分なのにねー。。

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

あのお花を見に行こうと思ったけど、

午前中から、お出かけ前にちょびっとだけ、、、、、

と思って三味線を持ってしまい、また抜け出せなくなってしまって
結局昼頃まで練習してしまいました。
あとは、山のルートの情報を真面目に書き直す作業をしておりました。
やり出すときりがなくなってしまうので、またお昼を食べ損ねてしもうたけど、
まあ、いいか。

ホームページのトップの写真も不入山のコミヤマカタバミに貼り変えたけど、
あれれ?これって、シコクスミレの前に貼ったやつだっけ?
覚えてない、、、、。/(-_-)\

ガスでまっちろけの石鎚登山道の写真も用意してるんだけど、、
えーと、、、ま、またあとにしよう。

| | コメント (0)

2007年5月19日 (土)

今日は振られました、、、(-_-)

人間の男の人じゃなくて、石鎚山に、です。

夜中の2時半過ぎに家を出て、白々と夜が明けてゆく石鎚公園線を
車で登っていくと、地面の上を白いガスが這っていて、
これって今、霧の中だけど、土小屋は雲の上に出てるかなー、
だったらいいなー、、なんて期待は見事に裏切られ、
土小屋でも曇ってはいました。

でもまさか、降るとは思わなかった。

午前5時45分ぐらいに登り始めたのですが、もうすっかり明るくなっていて、
ほんとはもう少し薄暗いぐらいの状態から登り始めたかったなーーーー、
とか思いました。1時ぐらいに家を出ないといけないっすね…。

それでも最初は降ってなかったし、ガスもそんなに降りてきてなくて、
あ~ぴょんはむしろ、晴れていくのだと思っていたのです。
(だって昨日見た天気予報がそうだったもん)

10分ぐらい登ると北側の斜面の中に、わわ~んとピンクの塊りが。
ええー、あれ、アケボノ?
0555akebono 

石鎚山でちょうど開花の頃に登ったのは初めてかなあ。
20回近く登ってるけど、季節は偏ってるからなあ。

オオカメノキもいっぱい花をつけていて、まあ、ガスの中の
アケボノツツジとオオカメノキの花の饗宴は、美しかったです。
0645toznd 

東稜への登り口がある地点でメモ書きをしていると、
少し遅れて登り始めた単独の方が追いついてきました。
天気が残念ですねえ、、と話しかけると、
おんちゃん(失礼、、)、どっと堰を切ったようにしゃべりだした。
しかも、江戸っ子弁?

 「どちらから?」

 「東京です。」

やっぱり…。

なんでも、少し前から四国に来て、300名山を登っているのだとか。
まあ、、そうなんですか。
昨日は寒風、笹、伊予富士へ登られたとか。
そして明日は三本杭と、篠山だそうです。
そしてそれが終ると今度は九州の300名山を回るんだそうです。
(日本300名山に入っている九州のいくつかの山。だからね。
 九州の山300コじゃないからね。)
それにしても、今日は夜明け前に登って、百鬼夜行に遭遇するかなと、
冗談で 思っていたけど、ある意味この人も山オバケかも?

その人、四国ではお天気にあまり恵まれなかったようで、
三嶺でもお天気悪かったらしく、
 「あんまり何回も行きたいと思う山じゃないですねー。」
とか言うので、えええ~、そそ、それはよっぽど運が悪かったのでは?

って、思いました。ガスで真っ白けだったのかなあ、、もったいないというか、
残念です。あ~ぴょん的に。
あんな雄大な姿を知らずに、しんどい思いだけして帰ってきたとは…。

すでに霧雨が降っている中、東稜分岐から二の鎖元小屋まで、
あ~ぴょんがちょっと先行して登りまして、さて、、、

二の鎖元から今日はほんとは、、、
いったん成就社へ下りるつもりできたのですが、、、
夜明かし峠方面は、すっぽりとガスに覆われているし雨も降っているし、、、
結局今日は断念しました。

一日で表参道、裏参道、両方から登るっちゅうのは、
まだまだ鍛錬が足りんと言うことでございましょうか。
日を改めて、来ます。でもとりあえず表参道ピストンにするかも、、、。(^_^;)

いちおう山頂まで登って、頂上山荘の中でちょっと一息つかせてもらって、
下山しました。下山のときはGPSでルート録ったけど、登山道の写真が、
ガスガス写真ですから、、、やっぱ撮り直しだな、こりゃ。

0754misen 石鎚頂上社。(正面から撮ってはいけないので斜め撮り)

天狗岳?いっさい見えてませんでした。
ブロッケンでも出てくれりゃあまだ喜べたのに、光源がなく(弱く)、
その気配もなし。
今日は完全に振られました。まあ、また来るからと、言ってきました。

土小屋の登山口まで戻ってもコマドリの声が聞こえてました。
なんせ、1492mっすから。↓

あ~ぴょん、土小屋の周辺をうろうろして写真撮ったりしてから
今回は国民宿舎の下に止めた自分の車に戻ると、
山オバケ(失礼、)の東京の人、がちょうど下山してきまして、
 「九州が終ったらまたここに来て、登り直ししてみようかなあ。」
って、言ってました。ぜひ、そうしてくらさい。
石鎚尾根、北壁…。頭上にこんな山の姿があったのか! って、
思って欲しいス。見ると見えないではぜんぜん違うから。

| | コメント (0)

ってことで、

ってことで、
石鎚山に来てるんですけど、ガスってきました。
でも、アケボノツツジがきれい。
*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

百鬼夜行になるかも?

明日は、、、

未明から動きます。夜明け前には山に登り始めている(はず。。。)
早々と支度万全にしといて、ちゃんと行かねば。
登山道で、、何に出会うかな、、、。

| | コメント (0)

ちょと雲っているのかなー?

おはようございます。
けさも、すぐ側の山から元気なキビちゃん(キビタキ)の、
ピッピリピ、ピッピリピ、、
って声が聞こえています。大好き。

そんな朝、気まぐれで、気軽に音を並べて簡単な曲ができちゃう
ブログパーツをサイドに貼り付けてみました。下のほうです。
適当に、音で遊びたい人はどうぞ。
そのうちまた気まぐれで外すかもしれませんのであしからず。(〃_ 〃)ゞ

だー!、もう一曲練習(じょんから節)したかったのに時間なくなっちゃった。

| | コメント (0)

2007年5月17日 (木)

数字と見た目は、、、

今日、久しく会っていなかった、といっても1~2ヶ月ぶりぐらいに
顔を合わせた方がお二人いたのですが、それぞれ時間差で訪れ、
お二人ともに、「痩せたねー。」
と言ってくれました。ピース(^_^)v

何でも、「厚みが減っっている」 んだそうです。
って言っても、ここ半年でせいぜい3kgぐらいしか減ってないのです。
だけど、確実に肉が減ったのは事実のようです。イェイ!( ̄ー ̄)v !

ただ、確かにウエストは、入らなかったパンツのボタンがちゃんととまるように
なったけど、まだヘソから下、つまり腰周りが張っているのでパッツンパッツンで
履いていけないままのパンツがある。

これが履けるようになりたいっす。なんとか、夏の間に。。。
重い荷物背負って踏み台踏むより、カラ荷で長時間走ったほうが、
肉は落ちるだろうか、、、?
今の自主トレは 『下半身強化!』 メニューになっているような気もするのです、、。

メジャーリーグでがむばっている松坂クンのように、腰周りふっとくなるのは
ちと困る。
  (だけど野球のピッチャーは、やっぱりどっしりふっとい腰じゃないと!
   とあ~ぴょんは思います。)

ま、女子はだんすぃ(男子)のようにはそうそう筋肉つかないって言うのを
信じることにしよう…。
ファイトー!いっぱーーーつ!

| | コメント (0)

2007年5月15日 (火)

まったくのウソでもなかったわけか~

今から10年、、以上前かなあ、、

初めて不入山に登った話をチラッとしたとき、ある方が、

 「不入山にひっとりで行ったらいかん。
空からフワフワした綿みたいなもんがいっぱい降ってきて、
それが頭に落ちてきたら自分がわからんなって、家に帰れんなる。」

なんてことを言うのです。
「うっそーーー。」
「うそやない。昔からそんな伝説がある山やけー。」

四国の山のベテランさんに会ったとき、そのことを言ってみた。
「そんな話、聞いたことがない。」
って、言っていた。
やっぱり、一人で行かんように、ただの脅しのヨタやったがかなー。
とか、思っていた。

したらこの前、友人が、日曜の朝やりゆう高知の昔話で不入山の
悲しい話をやりよったでー、、と言う。
そう言えば、朝チラッと行っていた喫茶店のテレビで、
悲しそうな恐そうな話をやってた気がするけど、あれ、不入山の話やったが?

友人からあらすじを聞いてみると、どうも、あ~ぴょんがその昔、聞かされた
話と交錯する点がいくつかある。
あの時言われたことは、その人がどうでも作ったウソと言うわけでも
なかったがかー。

不入山は昔(江戸時代やったっけ?)から、『御留山』 として
一般の人の入山を禁止していたらしいから、
まことしやかな伝説を作り上げたのか、そんなような話が実際あったのか、
まあ、ありえない話ではない(悲しい)内容なのであります。

でも、今の登山道にはそんな雰囲気はあまりありません。
どっちかって言うと、源流点へ向かう林道を歩いた時のほうが、
あ~ぴょんは、深山幽谷的な雰囲気を感じたりしました。
(それも10年以上前の話です。)
あの時は途中で霧雨が降ってきたりして、よけいに空恐ろしい感じがしたものです。
そのときももちろん、伝説など知らなかったのですが、
知ってたら一人でなんて行けなかったかも…。

今では、四万十川の源流点は県外の人にも知られるところとなり、
G.W中に林道の分岐に通りがかると県外ナンバーの車とかバイクとか、
何台も止まっていました。(みんなあの分岐からどうやって行ってるのかなと
思いましたが。林道を歩くとすんごい時間かかるのに。乗り合わせ?)

夜が明るくなって、「もののけ」 が棲めなくなった場所がいっぱいあるのと
おんなじで、人の騒々しい活力が、忌み場所をかき消すということも、
あったりするのかもしれません。

070503iraz1130 (←不入山登山道・尾根コースと幽谷コースとの分岐にて)

ちなみにこの前の日曜日は、横倉山の城了さんの話を放送してました。
「耳なし地蔵」のお話ですねい。

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

山行きのあとは、

山登りから帰ってきた直後は、体重がだいたい1kgぐらいは減ってるんだけど、
半分は水分とかなのか、翌日には200g~400gほど戻ります。

今朝の体調はまずまずで、午前中はのんびり過ごしておりますが、

これからぼちぼち、お出かけです。
なんだか顔がちょっとヒリヒリすると思ったら、
昨日はまったく何もつけないで山に行ってしまったのでした。
山頂から銅山越えまでの尾根では帽子を被りましたけど、
それでも焼けますよねー。

それにしても、山頂も銅山越えまでの尾根道も、
めっちゃくちゃ暑かったです。
お昼過ぎの時間帯の上、思いっきり日向ですからまあ、
あたりまえっちゃああたりまえなんですが、
そんな暑い中、日浦から銅山越え経由でまだまだどんどん
登ってきている人がたくさんいて、

「このク○暑い中、このアップダウンの連続の尾根道を1時間半登るなんて、
シゴキにあっているようなもんだ、、あ~ぴょんはごめんこうむる。。」

と思ってしまいました。下っていても相当暑かったからね~。(^_^;)
でも、考えてみると、自分も過去、日浦から何度もそうやって、
「長げ~な~」と思いながら登ってきたわけです。

また、6月下旬頃、西~東赤石の縦走&山荘泊を、
やるかもしれないとか言っているけど、涼しいうちに
西赤石を過ぎていたいなあ。。荷物も重いだろうし。。。
ああ、もっと危機感を持って自主トレしなければ…。

| | コメント (0)

2007年5月12日 (土)

無事帰宅しました~。

西赤石山から帰ってきましたー。
東平(とうなる)から兜岩経由で西赤石山の北面を登り、
尾根道を銅山越えまで下って馬の背経由で東平へ下山するルートでした。

兜岩から西赤石の尾根に上がる直下は、
やっぱり何度行ってもキツイっす。

1004kbut このピークが西赤石山。
左手からググッと登るのさー。右手の尾根は銅山越え方面。

銅山越え方面から山頂に登ってきた人も、
北面のアケボノツツジを見るために、兜岩まで下ってまた登り返す
人もたくさんいて、そんな方の中に、
 「たいしてしんどくなかったねー。」
なんて言っていた方もいましたが、たかが10分かそこらですから、
それぐらいの下って登り返してなら、そりゃそこそこ体力のある人なら
平気でしょーが、
標高差約1000mを登ってきて最後にこの競り上がりをやってごらんて。

あ~ぴょんはその部分の登りで、久々に、横腹が痛くなるという現象に
見舞われてしまいました。
学生の頃、昼ご飯の後の授業で持久走を走らされて以来かと思われます。。。

1028tyoka_1 山頂の尾根の直下の急登の初めのほう。
このあとどんどん勾配がきつくなり、木の根を掴んで
自分の体を上に押し上げる場面も。

でも、大好きなコマドリの声も聞けたし、ホシガラスの声と姿も見れたし、
アケボノは少ないながらも見頃だったし、
コシアブラの天ぷらはやっぱり最高に美味しかったし、
楽しい山行きでしたー!

1054kosiabr 油に入れたとたん、パアーッと葉の色が
鮮やかになって、とてもきれいなのです!

ルートトラックも録ってきたから、あとでカシミールにダウンロードしてみようっと。
あ、洗濯物が洗いあがったす。干してから、晩ご飯す。
今日はお昼に天ぷら(コシアブラのほかに、持参してきたシイタケとかも揚げた)
食べたから、晩はあっさり、かつおの刺し身ぐらいにしときます。
つうか、あっさりしたもんしか腹に入らないんだって。

| | コメント (0)

天ぷら!

天ぷら!
山頂で天ぷらパーティしてます。
コシアブラ、やっぱ美味しい!
*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

カブト岩の下で

カブト岩の下で
西赤石山の北面のカブト岩の下で小休憩。
アケボノ、少な目だけど、そこそこ咲いてます。
*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

東平から西赤石山

東平から西赤石山
今、分岐です。
ここからはまだアケボノのピンクはあんまり確認できない…。


*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

寝なきゃいけないときに限って、睡魔は来ない、、

山行の準備はほぼできたので、あとは寝るだけ、、、

なのに今日に限ってぜんぜん眠くならない、、。。。。。困ったものだ。
寝てないと、山登るのはけっこう大変ながですけどー。
今、コンタクトレンズも洗浄中(保存液に浸けてる)なので、
字のピントが合ってません。

早く寝ないと、、と焦るとますます寝られなくなりそうなので、
ちょと三味線の練習してもうかなー。

あー、今日も遠くでアオバズクが鳴いてるなー。
明日は大好きな駒鳥の声も聞けるかな?

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

とうとう反乱を起こされた模様、、、

何にかってぇと、マウスにです。
時々バシバシ叩きつけたりしてたせいか、
ついにいうことをきかなくなってしまい、
さっきある方に送ったメールも、文章が飛び飛びになってしまって、
あとで確認してみると誤字もあったりして、
「ちゃんと読み返してるのかよ!」
って言われそうな状態で送信してしまったようです。
、、、オハズカシイ、、、。

どうやら本格的に壊れたようです。。
仕方がないから、古いマウスを引っ張り出してきて、
付け替えました。
ほんとはタブレットも持っているのだけど、ペンはそこにあるけど
タブレット用のマウスが行方不明で…。線がない分、どっかとてつもない場所を
放浪しているようです。

古いマウスは指先で転がすの(何だっけ?度忘れして出てこない(-_-;)
が、付いてないのについつい人指し指でくりくりしそうになっては、
空振りをくらってます。
新しいマウス買わねばなんね。。(ため息)

さて、こんな今日のイタイ出来事ですが、実は嬉しいこともありまして、
土曜日は久々に少人数ながら、グループ山行です。
(どこまでも山絡みだというところがイロケないっすねぇ。)

「またコシアブラの天ぷらパーティしに行かん?」

「行く行く~!!!」

この短い会話だけで、もうどこの山行きで、どの登山口から登るのか
すっかり了解してしまうのです。
今日の仕事の帰りに、一通り、天ぷらの材料を買ってきました。
明日切ってジップ○ックに入れて持って行きます。
コシアブラは現地調達です。
フライパンも持って上がってくれるそうなので、焼き物もばっちりです。
あとは、日々の自主トレの成果がどのぐらいなものか、
思い知らされるのみ…。ちょとコワイなあ、、。

| | コメント (2)

2007年5月 9日 (水)

午後は暑い~、、

昨日も一昨日も、午後からどっと暑くなって、半そでで来ればよかったと思ったり
するんだけど、朝は半そでだとちょっとスースーするんですよね~。。

今朝は5部丈ぐらいのトレーナー地のシャツを着てますが、
やっぱり腕の関節が出ているとまだ肌寒いです。
半そでTに、長袖のシャツなんかをはおって出かけて、
暑くなったら脱ぐとかするのが賢いんでしょうけどねぃ。

最近、朝の散歩とかしてみようかなーー、
と思いつつ、自主トレ、おべんと作り、風呂、洗濯(は同時に)、、、
そして三味線もちょとやってから出かけたい、、
って、やりたいことがあり過ぎて、外へ出てものんびりした気分に
なれない気がして、できずじまいです。
狙いとしては、散歩からジョギングに移行できたらしめしめ、、
みたいなのがあるんですけど。

だけど、ジョギングしたい、、と言ったら、
荷重してハイピッチで踏み台ショコってるだけで十分鍛わってるやん、、、
と言われました。  いや、、まだ、足らんのだ。

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

雨が、降っとりますがな、、

高知の今日のお天気、晴れじゃなかったっけ?
5時半過ぎにTVで見たときは確か、お日さんマークで、
最高温度が27度なんつって書いてあった気がしますが。。

ま、お仕事ですから雨でもいいんですけどねぃ。
ガンガンに山に行けたってほどのG.Wじゃなかったけど、
まあそれなりに収穫はあったと思っております。
不入山で虫に刺された腕が痒いですが。。

連休中は、それほど渋滞してるのを見なかったなあ。
近所の鍋焼きラーメンやさんには行列ができてましたが。
あ、あと、四万十川源流点への林道付近には県外ナンバーの車が
けっこう何台も止まってたなー。

あ~ぴょんにとっては、今月はやらねばなんねいこともあるし、
実はG.Wのあとが正念場だったりします。がむばろっと!

| | コメント (2)

2007年5月 6日 (日)

ぷらまいぜろの日々、、、、、

久々にカレーを作ったので、昨日はご飯もいっぱい食べてしまいました。
こなれてから駆け足踏み台昇降するつもりだったのに、
レッドドラゴンを見ているうちにまた爆睡してしまいました。

今日のお昼もカレーライスです。
070506curr 食べすぎ?でも、美味いよ。(^_^)

体力もつけながら脂肪を落とすってことは、
できそうでできないようになってるのかな。
でもあ~ぴょん、長丁場の山行きに備えてがむばらねばなりません。
やっぱ体力優先かなあ。。。トホ。

| | コメント (2)

2007年5月 5日 (土)

好きなことを人と話せる日は上機嫌

友人のぬかりちゃんちへ、朝11時にマンガを取りに行く約束をしていたので
行ってきました。
ぬかりちゃんはお仕事でいなかったのですが、妹さんがちゃんと用意してくれていて、

 「あーこちゃん、まあお茶でも飲んで行きや。」

と言って、コーヒーを出してくれました。あ~ぴょんは、普段は人によっていろんな
呼ばれ方をされています。どれも「あ」から始まるのは一緒ですが。

妹さんと1時間ほどいろんなお話したのですが、マンガとか本とかいっぱい
置かれているお部屋も見せてくれて、古い『宝島』がずらりと並んでいたり、
萩尾センセイの本とか竹宮センセイの本とかもずらっとあって、
思わず納得してしまったしだいです。
妹さんは、私が青池センセイのマンガを借りに来ると聞いたとき、
ぬかりちゃんと私って、本来そういうつながりやったがやないが?
と思ったのだそうです。青池センセイのマンガについては
もともとは中学の頃の友人と盛り上がっていた世界で、ぬかりちゃんとの
つながりは高校のクラブからですが、まあ微妙に嗜好がズレながらも
知識的には重なる部分もありぃので、その後も友人つきあいが続いてまして、
だから、
 ”この話題はこの人やったらしても通じるし、話がつながるだろう” という
のがあるわけです。
妹さんも似たり寄ったりで、今日は、高知市の旭に以前あった、
 『ぽーる』 という喫茶店の話で盛り上がったりました。
あ~ぴょんは入ったことなくて残念ながやけど、その喫茶店の名前の由来は、
『KISS』 のポールからきてて、メニューなんかも激辛カレーの名前に
 ”ジーン” なんちゃら、って付けてたり(火を吹くほど辛いから?)、
 あと、”アイアンメイ丼(どん)” ってメニューもあったりしたんだとか。
だけどその後、移転してこぎれいなフツーのお店になってて残念やなア、、
って思ってたら、そのうちないなったらしいです。
もとの旭の駅前であのままやってて欲しかったなー、と言ってました。
たぶんあ~ぴょんも昔、通りがかってる記憶があるような気がするけど、
入るまではできんかった。いまやったら絶対入るのにー。 

アイアンメイ丼が、何どんだったのかも気になるところであります。
鉄分たっぷりとか?(爆)

さて、借りてきたマンガ、読むぞー。
実は家に帰って車から出すとき、段ボール箱が引っかかって地面に
ぶちまけてしまって焦りましたが、駐車場に散乱した『エロイカ、、』の
様は圧巻でした。いや、そういう問題でないっすか。ごめん、ぬかりちゃん。
さっきチラッと読んでみたけど、やっぱすんごい懐かしーのーー!
一時中断してて、今また描かれてるみたいですけど。

070505comi 

| | コメント (0)

”路駐”して爆睡する高知のおんちゃん

今朝、近所の喫茶店の前の車道に1台の軽四が止まってて、
何か、明らかに通行の邪魔になっていたんだけど、チラッと見たかぎりでは
人が乗ってるようで、停車してるだけなのかなー?
って思って喫茶店に入って、30分後に出てくると、まだいる。
その車道はセンターラインはないけど普通なら減速せずに
すれ違いできる幅だけど、その車が路上にいるせいで
側の信号が赤のとき、他の車が停車するとその間を通り抜けるのが難しくなってる。

最初見たときは人が乗ってると思ったんだけど、今後ろから見ると、いない?
もしかして、喫茶店に入ってるのかなー?なんで駐車スペースに入れないのかなー、
と思いつつ、信号待ちの車が掃けたので横を通り過ぎると、ええっ!!

やっぱり人が乗ってて、助手席側に体がすこし倒れこんでるような体勢になってる?
もしかして、気を失ってるとか? 寝てるだけならまだいいけど、
し、死んでたらどうしよう、、、、、とか思いながら、放っておくわけにもいかず、
引き返して歩いて行って、窓から覗き込んだ。

 「モシモシ、、、」

反応なし。窓が全開だったので、肩をつついてみた。

 「モシモシ、、、」

 「ん、、ん?」

 「大丈夫ですか? 具合悪いがやないですね?」

 「ん?うん。。。」

助手席にはサバ寿司かなんかが入ってたと思われる長細いパックのカラとか、
なんかごちゃごちゃしたもんが置かれてある。
なぜかとっさに、あんまり凝視しないでおこうと思ってしまったあ~ぴょんは、
おんちゃんのふにゃっとした腕と、着ていたポロシャツの質感が指先に
まだ残っているのを感じながら、まあ倒れてるんじゃなかったことに
安堵して、それ以上声掛けもせず帰ってきてしまいました。
なんか、そのまままた寝ちゃいそうな雰囲気はあったのですが…。

まだ朝8時前で、それほど交通量も多くない時間の出来事だったのだけど、
そのあと、友人のぬかりちゃんちに出掛けた帰り、午後1時前にちらっとその道を
見たかぎりでは、もうその車はいなくなっていました。

おんちゃん、まあ居眠り運転で事故るよりはマシやけど、路駐で爆睡は、、、、、。
気をつけてやーーー。

  • ”おんちゃん”について
    大阪辺りでは ”おっちゃん” と言われる様相の男性
    (年齢的にはけっこう幅広いと思われる。)のことを、
    高知では”おんちゃん” と言います。
    今日のこのおんちゃんの場合は、60~70ぐらいに見えました。

| | コメント (0)

2007年5月 4日 (金)

小雨が降り出した

虫除け対策が必要と言いながら、忘れて行ってしまいました。
まあなんとか刺されずにすみましたが。

今日は行き慣れた野老山ユスの登山口からまず、
治部卿の局様の祠まで登り、そこから横道を少し辿ってみました。
が、伐採された杉の木やら枝葉で思いっきり通せんぼされてて、
なかなかに歩きにくかったです。途中、植林帯の急勾配の中を直登するように
赤テープが上へ上へ続いているのを確認しましたが、
道らしき道はなくって、ほんとに急斜面をずりこけないように
適当に登っていくしかないって感じなのです。

んでも、横道はそのまま横へ横へ延びているようだったので、とりあえず
そっちを歩いてみました。谷で一度道が寸断されてましたが、渓流を渡れば
その先も横へ横へ続いている感じでした。
1151isigki その渓流の向こう側には石垣の段々がありました。
横道は石垣の下を横へ横へ、まだ続くのか?って感じ。

でも、今日はここで引き返して、試しに赤テープの急勾配もちょっと
登ってみたりしました。
1200kyuko 伐採木が行く手を塞いでるし足場は悪いし、
とても登ってられまへん。道なんてねー。
作業用のテープなのかにゃー?

途中で降りてきてまた治部卿の局様の祠まで戻って、
そこから野老山峠まで、黙々と登りました。

心拍数を計って、常に130ぐらいで登るように心がけ、
道が緩くなって楽になりそうになればピッチをジョグ気味まで上げて、
必ず軽い負荷がかかった状態にして、黙々と…。

 「ここから20分はぜったい止まらないことにしよう。」

とか決めてどんどん登って、ホウチャクソウらしきツボミを見つけても
止まらず登って、20分経ったらもう峠が見えてきたから、じゃあもう峠まで
ノンストップで行くしかないね、、ってことで、
天気のせいでだいぶ薄暗い山道を、今日なりに味わって帰ってきましたー。
峠ではポツポツ、雨が落ちてきたのでそのまま折り返して下ったのです。

帰宅してからぬかりちゃんからメールが入り、なんとぬかりちゃんは、
青池保子先生のマンガいっぱい持っちゅうということやんか!
さすが! 貸してもらおっと。 わーい。(o^-^o)

| | コメント (0)

爆睡してまった、、、

今朝の高知は、早くも曇っています。
そして今朝は夜明け前に起きられず、出遅れてしまいました。
でも、近場にお出かけしたいす。
今日は夜7時前には帰ってこなくちゃいけないので。

昨日、何かに刺された腕の内側が、けっこうでっかい腫れになっちゃいました。
もっと搾り出しておきたかったんだけど、刺された直後に指で搾れるだけ
搾り出してから、『森の巨人』 のモミの木の下に着いてから
毒を搾り出す器具を取り出して、もう一回やってはみたものの、
片手で器具を扱うのがけっこう難しくて、あんまりちゃんとできなかったのです。

消毒してからム○EXを塗っておいたけど、ちゃんと治まってくるかなあ。
だけど、以前ひどいムシさされ(山でこれもブユとかアブとか)のあとが
腫れあがってきたので心配になって病院へ行ったけど、
  「蜂じゃないんですね?」
とか言われてたいしたことはしてもらえなかったす。
行く病院にもよるのかもしれんけど…。
ま、やがて治りはしましたが。
あ、そういえば、そのときさされたのは手首の上の部分やった。
今回はもっと柔らかくて刺し甲斐のありそうな(^_^.)、上腕の内側。
今日は白の長袖にしよう。
高知の山は、もう虫除け対策が必要っす。

| | コメント (0)

2007年5月 3日 (木)

山行きした日の食欲はヘンなので、、

今夜の夕飯は、おにぎりとかつおの刺し身と玉子焼きで
簡単に済ませようと思っていたのに、台所に行くと、
ぬわにぃ~~~?

鍋焼きが置いてある。。。

たぶん、親戚がやっているお店に電話して取ったなー。
んもう、、、食べないわけにいかんやん。。
070503nabeyk

しかし、前の記事の不入山レポを書き込み中やったので、
終った頃には少し伸びてしまってました。
食べたいときは食べにいくから、取らんとってほしいにゃー。

とか思いつつ、完食しました。

| | コメント (0)

山行きして、日没前に帰宅できたなんて!

不入山へ登って下山して、林道途中にある、『森の巨人たち100選』 の、
モミの木も見に行って、、午後2時過ぎに自宅に帰り着きました。
こんなに近かったっけ?

自宅から不入山の登山口(林道のゲート前)まで、1時間30分ぐらいだと
思っていたのに、なんか朝早かったせい?それと、けっこう舗装部分が延びていて、
走りやすかったせいもあるのか、1時間そこそこで着いちゃいまして、
8時過ぎから、林道(一般車両は侵入できない)へ入って歩き始めました。

すぐにオオルリの声が聞こえ始めて、よく見ると、すぐ側の木の梢に
いるじゃあありませんか。
あ~ぴょんのGX8は中望遠なのでちょっと寄りきれないのが残念ですが、
確かにオオルリだー。
0808ooruri

さえずりの最後に「ぎぃー、、」 って付くのがなんとも、、、
あ~ぴょんには、”ご愛嬌” に聞こえる。
ちょっとmovaのボイスレコーダーで録ってみました。
あ~ぴょんのmovaのボイスレコーダの場合、
鳥の声のある音域(けっこう高い部分)は拾い難いみたいで、
ミソくん(ミソサザイ)の声なんか、どんなに近くて大きな声で鳴いていても、
ブチブチ切れてしまうのです。このオオルリもところどころ
途切れ途切れになってますが、ま、雰囲気だけでも…。
あと、あ~ぴょんの囁きも入ってしまってて、ちょと気持ち悪いかもしれませんが、
ごめんぐださい。f(^^;) ポリポリ

登りはいつも槙尾根コースを辿り、下りにゴロ岩の幽谷コースを下りてくるのが
あ~ぴょんのお気に入りなので、今回ももちろんそうすることに…。
尾根コースにはツクシシャクナゲが多いのだけど、今年は裏年のようです。
ツボミは確認できませなんだ。アケボノツツジもポツラポツラ、、、
途中、コウヤマキの自生する岩場から見る向かいの山肌に、ちょっとピンクが
見えるのだけど、やっぱ少ないすね。
0956kouyamaki コウヤマキの若い木が自生する岩場。
側にりっぱなのも立ってます。親木かなあ?

登山道はよく刈り上げされていて、以前は、知らないと見落とすことも
あったと思われる、幽谷コースとの分岐も明瞭になっていました。

山頂手前で西側に派生する小尾根に取り付くと、大好きなヒカゲツツジが
もうけっこう咲いていました。
1020hikage ヒカゲツツジ。優しい色合いで大好き。
そしてこの辺りのアケボノツツジはけっこう花をつけてましたよ。
1025akebn

山頂ス。1045top 

そして山頂から見た鳥形山ス。1047toptorigt 近いね~。
不入山には現在、四万十川源流からのルートもけっこう刈り上げ
されているのか、以前に比べて利用する人も増えたみたいです。
あ~ぴょんは未確認。いずれ登らねばね。

分岐から幽谷コースを下る途中、これまた大好きな
ミヤマカタバミorコミヤマカタバミ。(どっちすか?)
1143mymkata 葉っぱがガサガサしてて開いてると、
ミヤマカタバミってイメージがあるのだけど、花を見てもコミヤマなのか
ミヤマなのか、さっぱりわかりません。
あ~ぴょん、ここで、今年初めて虫に刺されてしまいました。
半そでの袖口で何かがごもごも動いてる気がしてましたが、
写真撮るのに夢中で…。あとで袖をめくると流血してました。
たぶん、ブトとかブユとか、そんなのです。ちょっと搾り出しましたが、
すんげー腫れてます。トホホ、、。(痛くはないです。)

シコクスミレもいっぱい咲いてたよー。また今度の機会にアップします。

帰りにモミの巨木を見に寄ったら、そこのシャクナゲは十数輪、
花をつけてましたよ。まだつぼみが多かったので、
これから不入山へ行く予定の人は、絶対寄ってみてください。
1248momikyo 『森の巨人100選』のモミ。
と、側のシャクナゲ。1249momisyak

林道は、ちょっとジョグ気味で帰りました。緩く下ってるので、
膝に負担がかかんないように走るのが難しくてあんまり飛ばせなかったス。
だから、ぜんぜん心拍数上がんなかった。
林道の入り口まで戻ると、来たときはなかったこんな張り紙が。
1316gzn
そういえば、同じような張り紙をした車が1台、進入してました。

| | コメント (0)

不入山のヒカゲツツジ

不入山のヒカゲツツジ
もう、下山中です。
ヒカゲツツジの黄色、いつ見てもいい!
*あ〜ぴょん*

| | コメント (0)

不入山っす!

不入山っす!


今日は不入山に来てみました。
ここのシャクナゲは今年は完全に裏。アケボノツツジも少な目やけど、
山頂手前のヒカゲツツジの辺りのアケボノはそこそこ咲いてます。

| | コメント (0)

辛いサンドイッチ食べてます、、

おーはようござぃ、、。

4時過ぎ起きで、もう出掛けたいのだけど、体内、特に消化器系を
万全にしてから出発したいので、6時過ぎぐらいに発ちたいな、、
と思ってます。
おにぎり1個と、ミックスサンドを齧ってます。
ハムサンドにからし塗り過ぎで目が覚めます。(自分が作ったんじゃないス
)

昨晩は、7時51分ぐらいまで辛抱して耐えてたのに、やっぱり睡魔に負けてしまい、
『女王蜂』 を見逃してしまいました。途中、気がついたんだけど、
完全に起きることができなくて、、、ばったり/(_-_)l 、、、、です。
『女王蜂』の場合は、女優さんたちの美しさ(だけ)が楽しみだったのにな。。。
いえ、見ごたえある面白さも期待して見ようとは思っていたのだけど。

『獄門島』 はきれいだったすね、、すっごい。

え~と、なんか辛いサンドイッチ食べてるうちに、暑くなってきました。^_^;
準備はほぼできているので、ちょっと三味線の練習してからお出かけします。
たぶん、お目当ての花は期待できないだろけど、どんな様子か見てきます。

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

年に一度の検診って、、、

検診の最後に保健婦さんが、
「定期的に検査には行ってますか?」
って聞くんで、
「へっ?」
と思ってしまいました。
なんの検査かと思ったら、やっぱし肝機能検査のことを言う。
悪くないのに行くかよっ!

「去年の数値は正常値内だったんですけど。」

そういうと、過去のことを穿り出して言い始めた。
だからねー、、、、、、、、、。

めんどくさくなった。
ストレスも肝臓に悪いよね。(-"-;)

なんか、ぶははは、、って笑えるマンガを見たくなった。
しょうもないのがいい。 たとえば、、、

ちょい前で言えば、『ゴリラーマン』 とか…。
あ、そういえば、『デトロイト・メタル・シテイ』 で思い出したんやけど、
ずーっと昔、まだあ~ぴょんがローティーーーンの頃(^_^;)\('_' ) オイオイ、
ツェッペリンのメンバーのパロキャラが出てくるマンガがあったす。
またぜんぜん違うオカシサやったけど、好きやった。『エロイカより愛をこめて』

同じ、青池保子先生のマンガで、『イブの息子たち』 も、読んでた。
「ヒース、私を見て!」
は、当時の友人(←かなり笑い系の人物)と一緒に、事あるごとに叫んでた。
あの頃は、罪がなかったなあ。。。。。

今、見てみたいなあ。。だけど、買ってまではねー、、、、、。
友だち、持ってないかなあ。もう持ってないだろなあ。。

今日はなぜか、白菜のスープが無性に食べたくなってしまって、
このあと作るつもりっす。白菜、食べたい!

| | コメント (2)

高知は雨の朝っす。でも、もう上がるかな?

おはようござぃっっ。<(_ _)>

今朝は早くからお出かけしてて、今、朝ごはん食べに帰ってきました。
お出かけって行っても、検診です。

昨日は結局一日、おうちで三味線の練習をしてました。
夕方お買い物に行って、おべんとの材料を、野菜中心にいっぱい買ってしまったけど、
考えてみたら、明日一日仕事があって、あと、またG.Wの休みなんだ、、、。
山行き用のおべんと作るしかないなぁ。。
でも、山行きのときって、おべんと作って行っても完食できなかったりするのよね…。
まあ、考えて作るか。。

晩は、早めに自主トレしてから寝ようと思っていたのに、
なんか、 『悪魔の手毬唄 をまた放送していたから、
ついつい見ちゃいました。シリーズの中でも一番好きなもんで…。
今日は獄門島があるがやろ? やっぱ見るってたぶん。

自主トレは、また夜中だな。。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »