« ばんだ! | トップページ | 降ってきました。 »

2007年3月21日 (水)

久々に地元の山へ登ったっす。

高知県須崎市の蟠蛇森(ばんだがもり)。
登山道は車道に寸断されているけど、それなりに勾配もあって、
ちょい登りするのにいい。でも、初夏から晩秋まではあまり登りたいとは思わない。
なぜか?山名を呼んで字のごとく、ヘビがわだかまる、、からですよ。

だからいつも、冬から春先にかけて登るのです。といっても去年は登ってないかな。
今日は、GPSを使って軌跡を録ってくる練習と、内モモに重心を乗せて歩く
練習がてらの山歩きでした。
いつも登り始める、鉄塔のあるところから。
1253tznkut

のんびり南斜面をジグザグに登っていって、30分ぐらいで車道に出て、
そこからしばらくは車道歩き。途中、右手の山側に登っていける取り付きが
2箇所ぐらいあるけど、それは登山道とは違うかったよなぁ、、
っと思いつつ車道を10分ぐらい歩いていると、あったあった、次の登山口。
1339point

ここからまた山道へ入って登っていると、ミツマタの花がいっぱい咲いてました。
Pmtmata01鼻を近づけると、Pmtmata
控えめないい匂いがします。

なおも登っていると、左手の斜面の下の方で、なんかガサガサと音が
しているのに気がついて、、立ち止まって耳をすますあ~ぴょん。
な、、んか、、、、、猪かも。。。

けっこう近いので、気づかれないようにそろりそろりと登って遠ざかりました。
突進されたら恐いもんーーー。いざとなったらストックでガキッと、、、
なんて、うまくできる保障はねーーー!あ、また折りたたみ傘をザックに
縛っておくの忘れた。傘をバッと開けば逃げる可能性が高いらしいっすよ。
(天に向けて開いちゃダメだよ。猪に向かってだよ。)

で、20分ぐらいで次の車道に出たときはちょっとホッとしました。
そこからはもう山頂公園の入り口まで車道歩きです。
山頂に着いて、櫓の上に登って石鎚山系を眺めたけど、残念ながら今日は
霞がすごくてほとんど見えなかったです。
日曜日に登った、五在所山のある尾根は見えてました。
太平洋側はきれいやったよー。
1427ygr 櫓の上から須崎湾を見下ろして。太平洋~~!

櫓は頑丈やけど、風が強くて寒いので、下へ降りて座って、GPSの取説を読む。
ぜんぜん頭が働かない~。一応ルートは録れたけど、
なんかポイントの名前を数字じゃなくて日本語に直すやりかたがわかんない。
ま、家に帰ってからでもできるかな。
下山はトラックバックしながら降りました。
そのときも途中でガサガサって、確実に何かいる音がすぐ近くでするもんだから、
しばらく様子をみていたけどなかなか立ち去る様子がなくて、
かなり時間をつぶしてしまいました。
そおっと通過して、何とか遭遇せずに済みました。やれやれ。

車に戻って、また困ったことが。
サイドギアをきつく引き過ぎていて、ビクともしないのです。。。( ̄~ ̄;)
困ったなあ。前にもこんなことあったけど、どうやったかなあ?
そんなとき、ぬかりちゃんからメールが来たのでとりあえずメールを返して、
もう一度挑戦。シートベルトを外して、両手で思いっきり
先のポッチ(?)を押したら、引っ込みました。ホーーッ。

これから録ってきた軌跡をPCにダウンロードして、カシミールに転送してみます。
うまくできるかなー。

|

« ばんだ! | トップページ | 降ってきました。 »

コメント

午後から、家族で、いつものところ に行ってきました。
いつもは、ひとりなので、別に危険とも思わなかったけど
5歳児は、何も知らずに鎖場を崖のほうに、行くし
小3は、力もないのに鎖大好きで、でも高所恐怖症だし

ワーワー言いながらの、山歩きでした。
ちょっと、連れ出すのに、ジュースだのお菓子でつるのは
厳しくなりつつある、状況です。

 登ったらおりないかんつまらん山やけど
なんか、気が晴れて、みょうに気が晴れて
ようわからんけど、また行きたい・・と思ってほしい
親の身勝手かな・・

春を感じる、静かな山歩きでした。
蟠蛇森は、よく見えてたよ

投稿: つばくろ | 2007年3月21日 (水) 23時48分

お父ちゃんは子どもさんに目が離せんから大変やったでしょうけど、
楽しそうでいいじゃないっすか。
あの尾根には数年前に10数名、お連れしたことはあるけど、
山に行きなれた方ばっかりだったので危険はなかったですが、
ビギナーさんを連れてあそこへ行くとしたら、
あ~ぴょんもちょっと気をつけんといかんと思うと思う。

お子ちゃん、山嫌いにならんように(たぶん大丈夫だと思うけど)、
長~い目で、上手に山の楽しさをインプットしてくれませー。(^_^)

投稿: あ~ぴょん | 2007年3月22日 (木) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ばんだ! | トップページ | 降ってきました。 »