« お出かけ途中のマンサクの花 | トップページ | タイヤ、新調しました »

2007年2月11日 (日)

大峠(おおとう)の化け物の洗礼を受けてしまった

いやあ、、、まいった。

今日は、越知町から仁淀川町に抜ける大峠(おおとう。県道18号線にあります。)を
走って長者へ出て、国道439号線を北へ行きつつ、三嶽古道の谷山側の登山口への
車道の分岐を確認してから33号線へ出て、帰って来ようと思ったのです。

越知町の越知橋の手前から県道18号線へ入って、まず大桐川沿いの岸に
ボツラボツラ咲いているマンサクの花を見て、、、。

Mansk01  Mansk03 佐之国トンネルの前の道を
数十メートル、川沿いに下った場所にあるマンサク。

あ~ぴょんは県道18号線は、桐見川小学校あたりまでしか行ったことがなくて、
行った目的は滝見やったと思うけど、そこから先の、
昔からの難路と言われる大峠を、まだ越えたことがなかったが。

あ~ぴょんの部屋でずいぶん前から行方不明になっちゅう、『土佐の峠風土記』
によると、確か、高知県に 『大峠』 と名のつく峠はいくつかあって、
その中でもこの県道18号線の大峠は、難所やったと書いちょったと思うし、
道狭そうやし、、、でも、行ってみたいとはずっと思いよった。

一応カーナビで行程を表示して走ったけど、下の谷いうところを過ぎて
ちょっと行ったあたりやろか?おんちゃんがトラクターに乗って道へ出てきて、
思わず人ん家の狭いメント道に突っ込んでしもうた。(ぶつかったわけではない)
ちょっと苦労してUターンして、ついでにおんちゃんに道を聞いてみた。

先で別れがあって、左の道は近いけど『ついた』ばっかりやき道が
『だだくさ』になっちゅうき、遠いけんど真っ直ぐ行ったほうがえい、、、

というようなことを言っていたみたいやったので、分岐を真っ直ぐ。。
でもそれは、カーナビが示している県道18号線やったので
安心して通りました。『だだくさ』 の方は、林道かなんかやろか?

ぐるりぐるりと狭い道を回って、こーんな切通しの場所もあったりして、
K18kirits

ほどなくして大峠に到着!
Ootou 大峠(おおとう)。わりかし普通(?)
Ootou02 左手奥へ未舗装道が続いちゅう。おんちゃんが、
『だだくさ』と言いよった道?違うかもしれんけど。

ここからは下り。ときどき小石が落ちちょったりするのでゆっくりゆっくり走ります。
昔の難所は、、まあ狭いことは狭いけど、もっとすんげー道はあるからねー、、
昔、化け物が出たというのはここの大峠やったっけ?
『土佐の峠風土記』 どこへ置いたろう、、探さんといかん。。。
とか思いながら、だいぶ下ったところで不意に、

   ごりごりごりごりごりりりり、、、

というイヤな音と振動が左下あたりから聞こえてきた。 ま、まさか、、、、、
いったんブレーキ、そしてクラッチを踏んだままブレーキを緩めた。

   ぎぎぎ、ごりごりごり、、、

あ~~~~~、、、パパパパパンクやぁ、間違いない! やまった。。。(;_;)

しかし、、車を止められるほど広い路肩がない。
下りなのを幸いに、ぞりぞりぞりと、傷まんように慎重に下りて、
ちょうど、星が窪への分岐のところが広くなっていたのでそこへ駐車。

   やるしか、、、ないよなあ、、、ひとりで。。。

あ~ぴょん、ひとりで遠出してるときにパンクしたことは過去に1回だけあって、
でもそれは、軽四だった。場所は、、、ここよりもっと悪路の、掃除谷林道で。
十和から中村へ越え、堂ヶ森越えをして西土佐へ抜ける道。今はどうか知らん
けど、当時は未舗装やって、流木がタイヤに刺さって、裂けていました。

今日は舗装道やし、そんな、、パンクなんてするほど荒れてなかったのに、、、、、。
でも、ガソリンスタンドへ行くたびに、「もうタイヤ換えないかんねー。」 とは
言われてましたよ。ええええ、換えたほうがえいことはわかっていましたよ。(泣)

うだうだしてると日が暮れるので、工具を出して、
ジャッキで上げて、ぴっちゃりつえたタイヤを外しました。でも、
穴とか破れとか、一見して確認できんかったです。後日タイヤ屋さんで見てもらお。

後ろのドアに搭載しているスペアタイヤ、といってももともと履いていた標準タイヤ
(だけど、今履かせているタイヤとはメーカーから違う。)
を下ろして付けて、、、レンチを踏んで締めてはいけませんとマニュアルに
書かれてあったけど、外れたら恐いやん、やけ、最後に軽めに踏んで締めました。

わりとあっさりできましたが、最後に 『センターなんちゃら』いう、真ん中に付ける
ちっさいキャップ?あれをなかなか付けられなくて、それに手こずって、
結局諦めました。パンクしたタイヤの方にはめて(それもちゃんとハマッテいない)、
カバーをかけてバックドアに付けて、なんとか無事帰ってきました。

キャップに手こずっているとき、ライダーさんが通りかかって声をかけてくれました。
チラッと見ると青いオフロードバイクやったと思います。

 ライダーさん:「どうしたんですかー?」
 あ~ぴょん :「タイヤがパンクしてねー。」
 ライダーさん:「えー、大丈夫ですかー?」 
 あ~ぴょん :「うん、もう直した。」

路肩側で作業をしているあ~ぴょんは車の陰になって、ライダーさんからは
ちゃんと見えてなかったと思うけど、
こんなとき、
優しく声掛けしてくれただけでもすんごい心強く感じました。
一瞬、ちょい、惚れちゃいそうになるくらい。。。。。(^、^*)

ジャッキを座席の下に取り付けていたら逆側(長者方面)から、
今度は赤いバイクのライダーさんが走ってきました。
峠越えの好きなライダーさんって、けっこういるよね。
あ~ぴょんも以前は250ccに乗っていたけどオフロード車は乗らずに終りました。
憧れてはいたけどねー。

まあそんなこんなで、すんごい疲れました。
大峠、ただでは通らせてくれんかったなーーーーー。やっぱ、化け物いるかな?

再び走り出すと、カーオーディオからは 『羽根者人生』 が流れてきた。
あ~ぴょんの人生も、ハネものだ、、。手間がかかって、儲かるスジがない。。

439号の、谷山の分岐も走りながら確認。神社の前のあの道を入って行ったら
登山口があるがやね。

だけど、明日またパンクしたらもう交換するタイヤがないので、
(小屋にはスタッドレスがあるけど)
明日はお出かけはなしです。
タイヤは、やっぱし行きつけのタイヤ屋さんに頼むことになるかな。。

|

« お出かけ途中のマンサクの花 | トップページ | タイヤ、新調しました »

コメント

流石だねー。今時タイヤ交換が出来ない若い男もいて先日家の近所で「助けて下さい」と呼び出された事がありましたから(笑)

吾川から入り池川から吾北に抜けるR439の旧道も大峠ですね。
あ~ぴょんさんの行った大峠と合わせw大峠なんで呼んでトレーニングでよく走りますよ。

ほんで昨日は近い所を走っていたようです。私達はいの町からR194-R439(大峠)-R33で仁淀川町の秋葉祭りをの~んびり楽しみ帰りはずっとR33で。派手な自転車隊は見かけませんでしたか?

行きには大渡ダム付近から明神山山頂付近で雪が舞っているのを見ましたが下は暖かかったですね。ていうか温すぎやね今年は。

投稿: Enzo | 2007年2月12日 (月) 13時01分

タイヤ屋さんにも、「よく換えられましたねー、」
と言われたけど、やっぱし一人でフラフラ山へ行くのが
得意と言うからには、タイヤ交換もできんといかんしねー。(^_^)
ま、そんなに難しいもんでもないしねー、ホイール付きのを
付けるわけだから。
でも初めてのとき(10何年前。軽四のとき)は、技術は知っているけど
ボルトを外す力がなくて、かなり焦りました。ま、渾身の力を出して
やりきりましたけど。

今回は、タイヤはでかいけど、レンチをカンッ!とすばやく踏む、
という技で、なんなく弛められました。すばやくやらないと、
かえってボルトを傷めるんすよね。。。

秋葉様、見に行ってたのですね。私が帰りに439号から33号の分岐へ
出てきた頃には終っていたのかなー。
派手なライダー隊は見かけましたけど、自転車隊は残念ながら
見なかったかなあ。。 

温いねー、今日はあんまり温いので、一度、車のクーラーを
つけてしまいました。
桑田山の雪割桜も、すでに咲き初めているらしいです。

投稿: あ~ぴょん | 2007年2月12日 (月) 17時06分

今晩は、バイクも好きです。
私の生まれた所にも、行っていらっしゃるみたいですね、
今の私の感性を育ててくれたのが、大桐川なんですよ、小学3年生まででしたが、川小僧でした(^_^)。
親の都合で関西に引越しで今に至るですが。今でも毎年墓参りに帰ります。
今は、川が死んだみたいで悲しいですねー!

投稿: バイクも好き | 2007年3月 1日 (木) 21時55分

>バイクも好きさん
大桐川っこだったのですかー、よく通ります。(^_^)
山の上からも、よく見下ろしています。
ダムの辺りも嫌いではないですが、そう言われてみると、
静かな川です。昔はもっと生き生きしていたのかもしれませんね。

投稿: あ~ぴょん | 2007年3月 2日 (金) 04時53分

今晩は。
>大桐川っこだったのですかー
はい、夏には真っ黒けの川ガキでしたよ(^_^.)
昔、鮎が上ってきた時には川の色が変わるくらいでしたね!
ヤンチャナうちの親父は、そんな時密猟して、
何度か桜田紋にお世話になったそうです(>_<)。
今も居る親族が私に、お前達がよく遊んでいた頃の魚は、今は殆んど見れないと、、、、(T_T)/~~~

投稿: バイクも好き | 2007年3月 2日 (金) 21時13分

>昔、鮎が上ってきた時には川の色が変わるくらいでしたね!

昔の大桐川のことはあ~ぴょん知らなくて、すみません。(〃_ 〃)ゞ
でもとてもいい川だったんだろうなって、想像はつきます。
今でも、かむと嶽から眺めた感じは好きなのですが。
魚は、、、少なくなったでしょうね…。ちょっと寂しいですね。

投稿: あ~ぴょん | 2007年3月 2日 (金) 23時27分

いきなり失礼します僕は桐見川に住んでる者です 無論大峠も知っています パンクとは大変でしたね 昼間はいいのですが夕方からはまず車もこないので立ち往生すると大変だったかもしれませんね 携帯は繋がるとはおもいますが 

投稿: 地元人 | 2008年5月 8日 (木) 02時20分

地元人さん、コメントありがとうございます。
暗くなってしまうと、タイヤ交換も難しくなりますね。
でも、あのタイヤ交換した場所の先にある、
星が窪にはぜひ、訪れたいと思っています。
とーってもきれいだと聞いています。

かぶと嶽の尾根から見える桐見川の風景も、
私は大好きですよー。(^_^)
お世辞抜きに。

投稿: あ~ぴょん | 2008年5月 8日 (木) 18時11分

星が窪も良い所です 大きな池があって(今は干上がっています)綺麗な所です もう何年も行ってませんが・・・
その昔(50年以上まえ)星が窪から桐見川まで馬のレースがあったそうで大変賑わったそうです。 当時の痕跡はもうないと思いますが・・・ 

投稿: 地元人 | 2008年5月10日 (土) 01時41分

>地元人さん

大昔、流れ星が落ちてきて出来たという言い伝えが
あって『星が窪』という地名。。。
ロマンがありますよねー。
その上景色が綺麗だなんて、、、
やっぱり行くときは、友だちとおべんと持って出かけよ!

馬のレースなんて、やってたんですね。
情報をありがとう。

投稿: あ~ぴょん | 2008年5月10日 (土) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お出かけ途中のマンサクの花 | トップページ | タイヤ、新調しました »