« 横倉山の、 | トップページ | 素材によって取扱いが違うのよね~ »

2007年2月 4日 (日)

コワ面白かった、平家の穴

また行ってしまいました。横倉山の、『平家の穴』

今まで、周りをうろうろして、外から見てばかりやったけど、
一見すると、穴っていうけど、穴なんかないやんか、、、
て感じながやけど、中から外に向かって写している写真とか見たことあって、

 「えー、入れるがやったら、どこが入り口ながやろ、、」

って前から思ってて、もしかして、横っちょにわずかに開いちゅう隙間がそうなが?
やーそうかもしれん、そういえばそこまで近付いて覗いてみたことない。。。

そう思うとどうしても確認しに行きたくなってしまいました。
で、お天気もいいし、本日、行ってみました。

今日は第三駐車場まで車で上がろうと思って行く途中、第二駐車場が、
陰地のせいで雪があってびっくり!

Dai2p ここへ来て、デジカメを忘れてきたことに気がついた。
バッサリ、、、。携帯も途中でバッテリー切れするかもしれん。。

第三駐車場の登山口のあたりもちょっと雪が残っちょったけど、
平家の穴までの登山道にはなかったです。

35分ぐらいで横倉宮の馬鹿試しの真下の『平家の穴』 に着いたけど、
一見するとやっぱり大きな岩盤で塞がった凹みでしかないのよねー。

1356ana 1427ana 一見、穴じゃないろー。けどねー、、、

石に上がって、左手の隙間を覗いてみたら、、
あるある!狭いけど、段々になって奥へ行ける穴があるやんか!
あ~ぴょん、入り口の岩の上に登ってみました。

1346ana_1  1348ana暗うて、さすがにこれは
ちょっと恐いねー。/(・_;\ 
中がどうなっちゅうかわからんもんやき不気味で、入るがはやめちょこと
思うたけど、、、 やっぱちょっと下りてみたい気もしてからにー…。
段差が高いので、途中の岩壁に足を引っ掛けて、ちょっと体を後ろ向きに
入れてみた。

1350ana これ、目の前の石の端に摑まって、足は地面に下りてない状態。
段差があるので足を伸ばしてもなかなか下につかんがやきー。
けんどこうなったら下りてもう、、、。

で、結局すっぽり中に入ってしまいました。
1352ana 中から外を見上げたところ。写真でみると広いようで、
けっこう狭いが。ザックが壁に痞えてザリザリいうてねー。
下ろしてカラ荷で入ればえいのにねー。
けど、中で何があるかわからんろー、もし出れんなったら、、{{{+_+}}}

すっぽりと、立てった状態で嵌っちゅうがやけど、そこから奥はねー、
なんか、真っ暗やけど、しゃがまんと入って行けんみたいやし、
もしかして、もうそこで行き止まり?
よく見えんし、ヘッドランプを取り出す心の余裕もなかったので、
携帯のカメラを、ストロボonにして写してみた。
「電源不足で発光できません。バッテリーを充電してください。」
と出た。やばい、、、。
けど、試しに弱発光で撮ってみたら、なんとか撮れました。

1354ana なんか、やっぱりそこで行き止まりみたいなね。
昔は奥まで行けたとか?いろいろ生活品(正→宝剣)とか出たらしいきねー。
ま、ここで日々暮らしたりはまさかしてなかったろうけど、
追っ手が来たとき安徳帝をここへ隠した場所と言われちゅうねー。
ほんとにこんな場所に隠されたら、恐いでー、マジで。こんな穴倉に・・・・・。

なんか落ち着かんのでひっしで這い出ました。
こんなくで、引っかかってまごまごしよったらヤバイ、、、って、
ちょっとジタバタ、、、。
人間椅子の曲の、『胎内巡り』 やないけど、”いや増す闇は産道にも似て、”
を地でいくような気分やった。

1422ap 戻ってこれてよかったス。

すんごい興味深い場所やき、いっぺん行って、見てみたらえいと思う。
穴の中はともかく、外観だけでもちょっとウソみたいな驚きがあります。。。


1425ana穴のとっと上部には、こんな岩が突き出ちゅうが。
そんで、途中に、ハーケン打ち込んだあとがあるような、、、。
ちょっと離れて見たら、突き出た岩の一段下に、けっこう広そうなテラスがある
感じやし、岩をやる人は、ちょっと登ってみたくなるような断崖やろかね?
登りきれれば、横倉宮の裏手やし、また岩を下りる必要もないしね。
けど、登っていいかどうかは知りません。
何とか文化財とかに指定されちょったらいかんろうかね?

おべんとを食べてから、離れて写しよったらついに携帯のバッテリーが切れて
しまったので、撤収いたしました。

なんか、平家の穴が確認できたのでスッキリしました。
お天気さえよければ、外観周辺はけっこう明るくて、いい場所に思えてきたし。

|

« 横倉山の、 | トップページ | 素材によって取扱いが違うのよね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横倉山の、 | トップページ | 素材によって取扱いが違うのよね~ »