« 四国カルスト再び | トップページ | 黒い蒸しまん »

2006年9月15日 (金)

秋の花が咲き始めてましたー。

秋雨前線の合間の青空にそそのかされて行ってしまった
四国カルスト・天狗ノ森。
前回(9月3日)に行ったときは、花が少な目だったけど、
今回はいろいろ咲いてたんで、ちょっと登ってはまた立ち止まり、
三脚を立てて、、の繰り返しで、「ぜんぜん進まねぇ~(^_^;)」 って、
一人苦笑しながらも、けっこう楽しかったす。

Tznd1320

テンニンソウがけっこう群生していて、飛び飛びでオオマルバノテンニンソウの
ところもあるみたいでした。
Tennin01 テンニンソウ。ここはレイジンソウが混生してました。

他に目立ったのはシオガマギクとレイジンソウ。ハバヤマボクチは、
茎の色が茶褐色に変わり、花が咲くちょい手前?みたいな感じでした。

Siogm シオガマギク

Hbbk01 ハバヤマボクチ。  Hbbk02
枯れちゅうにかあらんろう?
けどこれ、まだこれから花になるが。

こんなのもありました。
Tutiake ツチアケビ。これ、ラン科の腐生植物やそうです。
花も見たことあるけど、ランっぽい。(ランだからあたりまえやね)

山頂に着いたときはすっかり雲に覆われてしまって、またもや
青空らしい青空は撮れんかったけど、今回はじっくり花を撮れたので
よかったす。下山は、登った道をピストンしました。

|

« 四国カルスト再び | トップページ | 黒い蒸しまん »

コメント

秋ですね♪
http://www.geocities.jp/jazzinn5/septembersong8.html

ツチアケビに初めて出会った時、”林の中を駆け巡る奴”と教えられました。

投稿: ゴロスケホッホ | 2006年9月15日 (金) 20時48分

秋ですねえ。だんだん重くなっていく秋のど真ん中って
感じの演奏ですね。

ツチアケビは、長い間、花と実がなった姿とが同じ植物だと
知りませんでした。

投稿: あ~ぴょん | 2006年9月18日 (月) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四国カルスト再び | トップページ | 黒い蒸しまん »