« 高知の皿鉢料理を見てよー。 | トップページ | 今日も、越知へ »

2006年4月 1日 (土)

高知の「耳なし芳一」そっくりの話。ちゅうかこっちがモデル?

ストレッチ・バレエのお稽古が終った後、そのまま車で越知町へ行っちょったがやきー。
横倉山への車道の途中の 「織田公園」 に、『耳なし地蔵(座像)』 があるいうこと
やったき、探しに行ったが。

横倉山は、それこそ年がら年中行く山やけど、 あの小泉八雲の 「耳なし芳一」
そっくりな話が横倉山にもあったらーて、知らんかった。
しかも、八雲が書いたより前の、江戸時代からあった話や、言うきねー、

知らんかったというか、何かで見たことあるかもしれんけど、
あんまり関心が湧かず、記憶にとどめてなかったがかもしれん。

けんど、たまたま、JJJさんのHPを見よって見つけて、やっぱ津軽三味線を始めた
今のあ~ぴょんのアンテナには引っかかったわけよー。

ほんで探しに行ったわけ。
桜が満開の車道をずーっと走って、織田公園に着いて、車の中から公園内を
きょろきょろ見てみたけんども、えー、どこにあるがぁ?

とか思ってふと反対側の、助手席側の窓の外を見たら、 わあ、おったー!

視線の先の、階段の上にどっかり座って琵琶を抱えちゅー耳なし地蔵さん。
しかも、笑いゆう。

Jyoryo06040101 たぶん、今まで何回も “チラ見” していたはずなが。
これやったがかー! と思うたもん。

この人の話は、あの「耳なし芳一」そっくりながやけんど、
名前は 「城了」 (じょうりょう?)さんというがやと。
毎夜、横倉山の奥の、御陵まで山を登っていって、琵琶を弾きよった言う
ぐらいやき、楽器は違うけんど、あ~ぴょんも津軽三味線がもっと弾けるように
なりたいですー、と手を合わせてきました。

Jyoryo06040102 笑いゆうろう~? Jyoryo060401sm

帰りがけ、佐川町の桜もきれいなかった。そんな中、前を走りよった軽トラの
荷台の上から ひょこっ、、ってちっちゃい坊主頭が二つ(もしかしたら三つ?)
見え隠れしよったが。
じーっと頭を伏せて隠れちゅうのが、面白かった。

それにしても今日のあ~ぴょん、、なんでいきなり土佐弁ながやろ?
ブログでは初かねー?

|

« 高知の皿鉢料理を見てよー。 | トップページ | 今日も、越知へ »

コメント

いいッス!土佐弁!ずっとこれでいってください

投稿: tugaruya | 2006年4月 4日 (火) 10時25分

うん、できるだけやってみるきね。
出んときもあるとは思うけど。

投稿: あーぴょん | 2006年4月 4日 (火) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高知の皿鉢料理を見てよー。 | トップページ | 今日も、越知へ »