« 戸中山へ来てます | トップページ | ちゃんとやります。。 »

2006年4月23日 (日)

戸中山から帰ってきました

お天気が思ったほどすっきり晴れなくて、上(山)へ上がるか
下(滝)へ下るか迷いましたが、やっぱり、ササの藪漕ぎしなくても
登頂できるようになったという、戸中山の登山道を
確かめに行きたくて、上へ行きました。
今日、一緒に行った“ぬかりちゃん”は、私よりずっと肺活量があって、
うらやましいほど山登りには適した体の持ち主。
だから、上へ行こうと下へ下ろうと、どっちでも来い、、なのです。
かえってあ~ぴょんのほうが音を上げる可能性ありです。

Sagyd 東滝駐車場から、最初は作業道をのんびり歩きます。

作業道から戸中山登山道への分岐を上へ取ると、
以前のままに渓を渡渉して、その先の植林帯の急登も、
以前のルートのままでした。
が、多少歩きやすくなっている気がしました。

Tzndo01 ぬかりちゃんを、うっかり前に行かせてしまいました。
やべ、、、ついて行くのがたいへんかも、、。
と思ったけどま、暑かったのであんがいゆっくりとした
足取りでじわじわ登って行きました。

植林帯は、けっこう急登になっていきます。
尾根に出るまでつづら折の連続で、足場の狭い場所には
ロープもかけられていました。これも、以前はなかったものです。

30分ほどで尾根に出ると、私たち須崎市界隈では
「コメツツジ」と呼ばれている少し小さめの紫ピンクのツツジが
いっぱい咲いていました。

Tutuji もちろんいわゆるほんとのコメツツジではありませんよ。

尾根を登りきると展望の利くピークにでますが、枯れ草が雑多に
生えていて、ここで座ってお弁当を食べる気にはなれません。
以前はここから、登山道はいきなりササのブッシュとなって、
背丈より高いササの中の踏み跡を辿ってひたすら下を向いて、
両側から被さるササに顔をはじかれない様に、手を前に突き出した
状態で約50分、過酷な藪漕ぎをしなくてはなりませんでした。

だけど今は、笹が刈り払われたルートが付いて、山頂まで
ほとんど藪漕ぎする場面はなくなったと聞いています。
それだったら確かめなくてはなんね!と去年の暮れから思って
はいたけど、今日は雲が晴れないし時間も遅いので、実は
山頂まで行ってみる気になる可能性は薄かったのです。

だけど、、、「すげっ!きっれいな道になっちゅう!」

と声を上げ、これ、ほんとにこの状態が、山頂まで続いちゅうが?
と思うとドンドコ登っていってしまいました。

Tzndo04 これねえ、以前の登山道のすごさを知っちゅう人は
わかると思うけど、うっそー!てぐらい快適な道と化しているのですよ。
Tzndo03

結論、、山頂まで、藪漕ぎの場面はほとんどなしでした。
以前いただいた情報のニュアンスから、前の登山道とは
少し外れたルートが付いているのだと思っていましたが、
あんまり逸れてはいません。山頂直前の大きな苔むした
岩の側も通るし、その後斜めにササの中を進むのも同じでした。

そして山頂は、登山道と同じく、だいぶん笹が刈られ、以前より
空間が広くなっていました。以前は数メートルの丸い円状に
刈られているだけで、頭上の空しか見えませんでしたから、
戸中山に再び登頂することは、もうないかもしれないと、
思ったものです。だけど、今のこの感じなら、グループ行も
連れて来られるな、と思います。快適です!

山頂に座って、だいぶ遅いお昼ご飯を食べました。
今回は、ぬかりちゃんが作ってきてくれました。完食しました。

Topshe あ~ぴょんが山でシェー!をやり出したきっかけである、
という意味での本家である、ぬかりちゃんとともに、「シェー!」
久しぶりだったので、ちょっと おっとっとって感じでした。

いろいろ話をしながら、楽しい山行ができました。
下山は、山頂から作業道まで下りるのに約1時間、
作業道を歩いて駐車場までは40分ぐらいです。
あ、そうそう、登山道ではツツドリが 「ボッボッ、ボッボッ、」って
鳴いていました。もちろんウグイスやオオルリも。Σ^)/

|

« 戸中山へ来てます | トップページ | ちゃんとやります。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戸中山へ来てます | トップページ | ちゃんとやります。。 »